第41回日本足の外科学会学術集会のご案内

Sponsored Link

どうも、こんにちは。

今日は朝からフットサルの都道府県リーグの試合でした。
スタメンで試合に出させてもらいましたが、勝てるはずの試合を落としてしまい、自分のデキも全然納得のいくものではありませんでした。
でも、その後の他の試合を見て、今後どうしていかなきゃいけないかというのは見えた気がするので、今後も試合に出れるようしっかり努力していかなきゃです。
とりあえず次は来週末の日整会サッカー大会に標準を合わせます。

関連記事:「日本整形外科学会サッカー大会本戦」トーナメント表・日程

とはいえ、僕の本業は整形外科医なので、本業を疎かにすることなく、むしろ医師としての仕事はそれ以上に頑張りたいと思います。

さて、今日はもうこんな時間なので、「第41回日本足の外科学会学術集会の案内」をさらっとしようかと思います。

Sponsored Link

日本足の外科学会

日本足の外科学会自体を知らない方がいるかもしれないので、最初に簡単に説明しておきます。

外部リンク:日本足の外科学会ホームページ

日本足の外科学会は、1976年に足部と足関節の外傷や疾患を中心に研究を行う団体として設立されました。
足の外科の発展と普及への寄与を目的として、足の外科に関する基礎および臨床研究の発表や学術集会の開催、機関誌の発行など様々な活動を行っています。

また以前、記事にしたように足の外科に関する勉強会なども開いてくれています。
足・足関節に興味のある方は、入会してみてはいかがでしょうか。

関連記事:足の外科学会「第6回機能解剖セミナー」

第41回日本足の外科学会学術集会

2016年に開催される第41回学術集会について案内します。

外部リンク:第41回日本足の外科学会学術集会

要項

会期:2016年11月17日(木)・18日(金)

会場:奈良春日野国際フォーラム甍〜I・RA・KA〜
   〒630-8212 奈良県春日野町101
   TEL:0742-27-2630

会長:杉本 和也(奈良県立総合医療センター副院長・整形外科)

演題募集

期間:2016年5月10日(火)11:00〜6月30日(木)11:00

主題:
・足関節外側靭帯に対する鏡視下修復術・再腱術
・スポーツにおける足関節・足部外傷と障害
・アキレス腱損傷・障害
・足底腱膜炎
・踵骨骨折
・変形性足関節症
・重度外反母趾
・リウマチ足部変形
・糖尿病足
・希少症例

第6回アジア足の外科学会

関連学会として、日本足の外科学会学術集会の連日、同一の会場で第6回アジア足の外科学会 6TH Asian Federation of Foot & Ankle Surgeonsが開催されます。
第41回日本足の外科学会学術集会に参加を考えていらっしゃる先生は、こちらにも参加されてみてはいかがでしょうか。 

会期:2016年11月19日(土)・20日(日)

会場:奈良春日野国際フォーラム甍〜I・RA・KA〜
   〒630-8212 奈良県春日野町101
   TEL:0742-27-2630

会長:田中 康仁(奈良県立医科大学整形外科学教室 教授)

演題募集期間:〜2016年5月23日(月)

こちらは演題募集期間がもうじき終わってしまいます。
演題を出そうと考えている先生はお早めに。

おわりに

以上、今回は第41回日本足の外科学会学術集会についてご案内しました。
足の外科に興味のある先生は一度参加されてみてはいかがでしょうか。

また、連日、同一会場で開催予定の第6回アジア足の外科学会 6TH Asian Federation of Foot & Ankle Surgeonsについてもご案内しました。

興味のある学会には積極的に参加したいですね。

Sponsored Link

 おすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。