第8回JOSKASセミナーのご案内

Sponsored Link

どうも、こんにちは。

めずらしく疲労がたまってきた今日この頃。
明日の祝日がすごくありがたいです。

今日はこの間、お話ししたJOSKASセミナーの案内が更新されたので紹介します。

Sponsored Link

JOSKASセミナー

JOSKASとは、Japanese Orthopedic Society of Knee, Arthroscopy and Sports Medicineの略で、正式名称は日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会といいます。
JOSKASは、関節鏡、膝関節、スポーツ医学及びその関連分野に関する基礎的・臨床的研究の成果の発表の促進を図り、ひいては整形外科学の発展に貢献することを目的としていている学会で、毎年JOSKASセミナーというものを開催してくれています。

今までは膝関節鏡のドライワークショップもしくはカダバーワークショップが行われていましたが、どんどん内容が拡大しています。
昨年のJOSKASでは、膝関節鏡コースと肩関節鏡コースがありましたが、受講条件が専門医以上であったため、僕は断念しました。

関連記事:JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)

第8回JOSKASセミナー

申し込み開始予定日であった本日(8月10日)に案内が更新されました。

会期:2016年10月29日(土)~30日(日)
会場:札幌医科大学

・膝関節鏡コース

プログラム:以下の通り

10月29日(土)8:00参加受付開始
8:30開会挨拶、オリエンテーション
9:00黙祷、講義および実習
12:00昼食
13:00講義および実習
17:00後片付け、解散
18:00全員懇親会
10月30日(日)8:30集合
9:00講義および実習
12:00昼食
13:00講義および実習
16:00黙祷、後片付け、解散

内容・費用・応募資格

内容Thiel法固定により生体に極めて近い状態で保存されたご遺体を用い、半月板修復・ACL再建・膝蓋骨脱臼(MPFL再建術など)の各手術手技を経験豊富な講師の指導の下に学ぶ。
費用各コース 50,000円
※ 参加費はセミナー当日に受付にてお支払いください。(現金支払いのみ)
応募資格医師免許取得後15年以内のJOSKAS会員で日本整形外科学会の専門医取得者とする。同一施設からの応募は原則1名とする。参加希望が多数の際には原則先着順とする。

申込期間:2016年8月10日(水)~9月2日(金)

結局、昨年と同じく専門医の先生のみを対象としているようです。
だったらドライワークショップの案内のときには一緒に案内しておいてほしいですよね。
そしたら、ドライワークショップの方に申し込むのに。
というわけで、今年も僕はJOSKASセミナーへの参加は断念です。

おわりに

以上、今回は2016年のJOSKASセミナーについてご案内しました。

参加資格をお持ちの先生は参加されてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

 おすすめの関連記事はこちら!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。