【2017年版】スポーツ選手が使用可能な気管支炎・気管支喘息に対する薬リスト

Sponsored Link

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

今日は久しぶりに夕方から高エネルギー外傷で搬送されてきた患者さんの緊急オペがありました。せっかくなので3次救急指定病院で勤務している間に、3次救急の対応や骨盤骨折の手術などをしっかり勉強しておきたいですね。

さて、今日は2017年版のアンチ・ドーピングとして使用可能な気管支炎・気管支喘息に対する薬をご紹介します。

アスリートは薬を使う場合はこのリストの中から使えば、うっかりドーピングを防ぐことができますし、医療スタッフもチームと共に携帯する薬をこのリストの中の薬だけにしておけば、自分が手渡した薬によって選手がドーピング検査に引っかかってしまうことは起こり得ません。

医療従事者の方もアスリートに対してはこの記事の中にある薬を処方しておけば、ドーピング検査に該当する薬を知らずに処方してしまうことを防ぐことができますので、ぜひ知っておくとよいかと思います。

Sponsored Link

はじめに

今回、紹介するのは2017年版のアンチ・ドーピングとして使用可能な気管支炎・気管支喘息に対する薬です。

アスリートでも気管支喘息を患っている方はいるかと思います。特に小児には多いですね。

この記事では、ドーピング検査のうち競技会検査での使用可能な気管支炎・気管支喘息に対する薬のみを紹介していきます。競技会検査では、禁止物質の一部が検査されるので、このリストの薬はいつでも安心して使用することができます。

病院で処方される処方薬とお店で売っている市販薬に分けて紹介していきます。

注意

  • 禁止物質でも申請手続きにより「治療使用特例(Therapeutic Use Exemption:TUE)」を受けられる場合があります。
  • また使用量が少なく、尿中濃度が低ければ使える薬もありますが、そのような使用条件に制限のある薬はここでは紹介していません。
  • この記事で紹介するリストは例示であり、他にも多くの使用可能な医薬品はあります。
  • ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、先発医薬品と同等の有効成分を含有しているため、基本的には使用可能です。
  • 市販薬は名前全体が完全に一致することを確認してください。ほとんど同じ名前でも頭に「新」がついたり、終わりに「錠」や「会社名」あるいは「アルファベット」がついているだけで組成が異なる場合があります。

気管支炎・気管支喘息に対する処方薬

では、まずアンチドーピングとして使用可能な気管支炎・気管支喘息に対する処方薬を紹介していきます。

処方薬

  • アイロミールエアゾール(サルブタモール硫酸塩)
  • アズマネックスツイストヘラー(モメタゾンフランカルボン酸エステル)
  • アドエア(サルメテロールキシナホ酸塩、フルチカゾンプロピオン酸エステル)
  • アトロベントエロゾル(イプラトロピウム臭化物水和物)
  • オーキシスタービュヘイラー(ホルモテロールフマル酸塩水和物)
  • オノン(プランルカスト水和物)
  • オルベスコインヘラー(シクレソニド)
  • キプレス(モンテルカストナトリウム)
  • キュバールエアゾール(ベクロメタゾンプロピオン酸エステル)
  • サルタノールインヘラー(サルブタモール硫酸塩)
  • シムビコート タービュヘイラー(ホルモテロールフマル酸塩水和物、ブデソニド)
  • シングレア(モンテルカストナトリウム)
  • セレベント(サルメテロールキシナホ酸塩)
  • テオドール(テオフィリン)
  • パルミコート(ブデソニド)
  • フルタイド(フルチカゾンプロピオン酸エステル)
  • フルティフォームエアゾール(ホルモテロールフマル酸塩水和物、フルチカゾンプロピオン酸エステル)
  • ベネトリン吸入液(サルブタモール硫酸塩)

気管支炎・気管支喘息に対する薬を病院で処方してもらう場合にはこの中の薬を処方してもらえば安心です。

スポーツドクターや一般整形外科医であってもアスリートに対して投薬を行う場合は、このリストの中の薬を処方しておけば基本的に安心ですので参考にしてください。

注意

  • β2作用薬は常時禁止物質ですが、サルブタモール、ホルモテロール、サルメテロールの吸入は添付文書の用法・用量に従う限りは使用可能です。
  • 糖質コルチコイドの全身的使用は禁止されていますが、喘息に対する吸入による局所使用は可能です。

気管支炎・気管支喘息に対する市販薬

次に、アンチドーピングとして使用可能な気管支炎・気管支喘息に対する市販薬です。

実は、

薬局などで普通に購入できる気管支炎・気管支喘息に対する市販薬はありません。

気管支炎・気管支喘息に対しては病院を受診して、薬を処方してもらうようにしましょう。

おわりに

以上、今回は2017年版のアンチ・ドーピングとして使用可能な気管支炎・気管支喘息に対する薬を紹介しました。

スポーツ界でもドーピングは最近注目を浴びるようになってきた分野です。思いがけないうっかりドーピングや自分が処方した・選手に手渡した薬で選手がドーピング検査で引っかかってしまい、悲しい運命を辿ることがないように、今回紹介した薬の中から薬を選んで頂くと安心です。

スポーツ関係者の方には是非とも参考にして頂けましたら幸いです。

その他のアンチ・ドーピングとしての使用可能な薬は下の記事を参考にしてください。

【2017年版】スポーツ選手が使用可能な解熱鎮痛薬リスト|アンチ・ドーピング

2017.05.11

【2017年版】スポーツ選手が使用可能な風邪薬リスト|アンチ・ドーピング

2017.05.13

【2017年版】スポーツ選手が使用可能なアレルギー薬リスト|アンチ・ドーピング

2017.05.14

【2017年版】スポーツ選手が使用可能な胃薬リスト|アンチ・ドーピング

2017.05.15

【2017年版】スポーツ選手が使用可能な腹痛に対する薬リスト|アンチ・ドーピング

2017.05.18

【2017年版】スポーツ選手が使用可能な目薬リスト|アンチ・ドーピング

2017.06.27

【2017年版】スポーツ選手が使用可能な抗菌薬・抗真菌薬・抗ウイルス薬リスト

2017.07.02

【2017年版】スポーツ選手が使用可能な高血圧・痛風・高尿酸血症に対する薬リスト

2017.07.04
Sponsored Link

 おすすめの関連記事はこちら!

2 件のコメント

  • 初めてコメントさせていただきます。
    関西でスポーツ内科を専門にしています田中祐貴と申します。
    いつも質の高いまとめをされていますが、匿名での記事は信憑性に欠けると思います。
    せっかく良い記事なのですから、出来れば実名で記事を書かれた方が良いのではないでしょうか。

    • 田中祐貴先生

      コメントありがとうございます。
      先生のおっしゃる通り、匿名では信憑性が低下してしまうことは承知しております。

      ブログを始めた当初から実名を晒すことは考慮してはおりますが、いろいろなしがらみもありましてまだ匿名でやらさせて頂いております。
      あと匿名だからこそ書けるぶっこみ実情なんかもありますので…。汗
      今後は実名を出す可能性もありますが、もうしばらく匿名でやらさせて下さい。

      今後ともよろしくお願い申し上げます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。