アスリートと睡眠|睡眠時間とパフォーマンスの関係

健康の三大要素は「運動」「休養」「栄養」であることは広く認識されていることです。今日はその中の「睡眠」に関して、実際のところ科学的にどうなのか知りたくて、アスリートと睡眠について、睡眠とパフォーマンスの関係・アスリートの睡眠時間などを勉強してみました。

脳震盪に対する現場での対処|まずは適切に評価することが大切!

実際のスポーツ現場でスポーツ頭部外傷を受傷した選手に対してどう評価して、どう対処すればいいのでしょうか。この記事では脳震盪に対する評価とそのための評価ツールについてまとめます。スポーツ関係者の方々は知っておきましょう。この記事で勉強して頂き、実際のスポーツ現場での対処と評価に活かして頂けると幸いです。

救急外傷とJATEC|整形外科医になる前に勉強しておくべきこと

整形外科医になる前に勉強しておくべきこととして、この記事では「救急外傷の診察と治療」の勉強法についてまとめています。救急外傷は整形外科医の基本になってきますので、研修医のうちに勉強しておくとよいでしょう。また、救急外傷において必須となるJATECについても紹介しています。参考になれば幸いです。

骨折治療|整形外科医になる前に勉強しておくべきこと

整形外科医になる前に勉強しておくべきことととして「骨折治療」があります。「骨折治療」の知識は整形外科医として臨床で働くならば必須になってきます。整形外科医になってから、症例を通して勉強をしていけばいい!と思われるかもしれませんが、確実に先に勉強しておいた方がいいです。この記事では骨折治療の勉強法を紹介します。

重症スポーツ頭部外傷の近年の事例とその特徴とは

スポーツ頭部外傷の中には、競技に復帰して死亡や重い後遺症を残した事例がいくつもあり、スポーツ頭部外傷に関しては試合会場にいるスポーツドクターはもちろんですが、メディカルスタッフや選手自身も知っておくべきです。この記事では、近年のスポーツ頭部外傷の事例とスポーツ頭部外傷の特徴ついて紹介します。

解剖(骨・筋肉・末梢神経)|整形外科志望の研修医は必ず勉強しよう

僕が研修医のときに整形外科になるにあたって勉強しておいたこと、整形外科になってから勉強しておけばよかったと思ったことを踏まえて、整形外科医になる前に勉強しておくべきことに関してまとめています。この記事では、その1つとして「解剖」について勉強しておくことのススメと、勉強の仕方について紹介しています。

症例から学ぶフライバーグ(Freiberg)病の手術|鏡視下手術の利点・欠点

この記事では、具体的な症例を通してフライバーグ病(Freiberg病)の手術療法についてまとめています。手術療法のopen手術と鏡視下手術を比較し、鏡視下手術のメリットとデメリットについてもまとめています。具体的な症例があるとより理解しやすいですね。

整形外科医1年目としての生活・大学病院での仕事内容

入る医局によって生活は全然変わってくるでしょうし、同じ医局であっても行く病院によって生活は異なってくると思います。この記事では、自分の整形外科1年目としての生活に関して書いてみようと思います。勤務している大学病院ではどんな手術をし、どんなバイト、勉強をしているのでしょうか。

筋肉痛(遅発性筋肉痛)とは|原因と年齢や性別による差を紹介!

休日や仕事の合間にスポーツを楽しむ人は増加していると言われています。しかし、不慣れな運動や久しぶりに運動を行った場合、筋の伸張により「筋肉痛」を起こします。この記事ではこのような遅発性筋肉痛について、その原因や症状が出現・消失するまでの時間、年齢による差、性別による差などについてお話していきます。