目指せスポーツドクター|ブログ再開のお知らせ

かなり久しぶりの更新です。尿路結石で体調崩したときから1回糸が切れて、3日ブログを更新しなくなったらもう体が動かなくなってしまいました。もちろん、病院業務はかなり多くて今まで以上に忙しかったこともあるのですが、ブログ以外のことに時間を使っていたのが実際のところです。また今日からブログを再開していこうと思いますので、ブログを休載している間にあったこと、今後などについて少しだけお話ししようかと思います。

腰痛に対するスポーツ現場での評価・初期対応

この記事では腰痛に対するスポーツ現場での評価・初期対応についてまとめています。スポーツドクターとしてスポーツ現場で腰痛に対応することはあまり多くないかもしれませんが、腰痛に対して対応しなければならない場合もあります。そんなときにきちんと対応できるように、腰痛に対する評価・初期対応を知っておきましょう。

腰椎分離症のリハビリ|効果的なストレッチと筋力トレーニングとは

この記事では腰椎分離症におけるリハビリテーションについてお話しします。腰椎分離症による腰痛を再発させないためにも、リハビリテーションは腰椎分離症の既往がある選手にとって最も大切です。また、ストレッチングとして覚えておくべきジャックナイフストレッチングについても紹介しています。参考になれば頂けたら幸いです。

骨折手術後のインプラント抜去(抜釘)の必要性とタイミング(時期)とは

この記事では、抜釘(インプラント抜去)術の必要性とタイミング(時期)についてまとめています。抜釘術はメリットとデメリット、合併症などを理解しておくことが大切です。不必要な抜釘や適切な時期ではない抜釘によって再骨折などの合併症が生じないように、抜釘のタイミングに関してもしっかりと勉強しておきましょう。

骨折手術後に抜釘(インプラント抜去)をしない場合とは?

この記事では、骨折手術後に抜釘(インプラントの抜去)をしない、もしくは躊躇する場合について紹介します。患者さんにとっての抜釘術を行うことのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのかしっかりと理解して、抜釘術を行うかどうか判断することが大切です。この記事で抜釘することのデメリットも知っておきましょう。

骨折手術後の抜釘(インプラント抜去)の適応とは?

この記事では、骨折手術後の抜釘(インプラントの抜去)の適応について紹介しています。整形外科医であれば、抜釘の適応を知っておいた上で患者さんに説明して、抜釘術を行うかどうか相談すべきでしょうし、患者さん自身もこれらのことを考慮して抜釘術をやってもらうかどうか考えることができるといいのではないかと思います。

患者体験(尿管結石の体外衝撃波手術ESWL編)|この経験を通じて感じたこと

尿管結石による疝痛発作に見舞われ、死ぬような痛みを経験しました。そして、治療として破砕術の1つである体外衝撃波結石破砕術(ESWL)を受けてきました。さて、ブログ主はどのような患者体験をすることになったのでしょうか…。この経験を通して学んだこと、みなさんに伝えたいこととは。

ブログ主、倒れる。緊急入院?!果たして病名は??

本日、仕事中にブログ主、倒れてしまいました。腰が痛すぎて全く動けなくなってしまったのです。診断された病名はあの病気。運動は定期的にしてるし健康なつもりでしたが、やはりそれだけではダメですね。自分自身の健康を見直すいいきっかけとなった本日のエピソードを紹介します。

AOTrauma-Basic Principles体験記|骨折治療をマスターするための登竜門!

この記事は、AOの原理原則から最新情報を学び、実技を習得できる貴重な機会であるBasic Principlesの体験記です。このコースを受講してどのような内容をどのように学ぶことができるのか、自分の体験を元に紹介していきます。整形外科医、外傷医でこのコースの受講を考えている先生の参考になれば幸いです。