【2017年版】女性スポーツ選手が使用可能な月経関連の薬リスト|アンチ・ドーピング

この記事では、女性アスリートがアンチ・ドーピングとして安心して使用可能な月経関連の薬(女性ホルモン薬)を紹介しています。思いがけないうっかりドーピングや自分が処方した・選手に手渡した薬で選手がドーピング検査で引っかかってしまうことがないように、今回紹介した薬の中から薬を選んで頂くと安心です。参考になれば幸いです。

整形外科手術後における後療法のおすすめ教科書【厳選4選】

整形外科医はいろんな疾患に対して手術を行いますが、手術後の治療プログラムは非常に大切です。しかし、後療法について勉強できる教科書を探そうと思っても、意外に見つからなくて困ります。そこで、この記事では整形外科手術後の後療法のおすすめ教科書を紹介しています。運動器疾患を診る方の参考になれば幸いです。

有痛性外脛骨障害の原因・画像診断・治療|手術方法と治療期間まで詳しく解説!

有痛性外脛骨障害はスポーツ活動の盛んな10〜15歳に多い足内側の痛みの原因となる疾患です。この記事では、有痛性外脛骨障害の原因、診断、治療についてかなり詳しくまとめています。有痛性外脛骨障害の治療は保存療法が基本ですが、それがダメだった場合の治療法などもしっかりと知っておくべきでしょう。

【2017年版】スポーツ選手が使用可能な消毒薬リスト|アンチ・ドーピング

この記事では、アンチ・ドーピングとして安心して使用可能な消毒薬を紹介しています。思いがけないうっかりドーピングや自分が処方した・選手に手渡した薬で選手がドーピング検査で引っかかってしまうことがないように、今回紹介した薬の中から薬を選んで頂くと安心です。参考になれば幸いです。

足内側の痛みの原因となり得る外脛骨とは|外脛骨の分類も紹介

この記事では、足内側の痛みの原因となる有痛性外脛骨障害についてまとめています。有痛性外脛骨障害はスポーツ活動の盛んな10〜15歳に多いですが、運動量の増加や捻挫などを契機に症状が出現しうるため幅広い世代において発症します。まずは、この記事で外脛骨とは何なのか、そして、外脛骨の分類を知っておきましょう。

日本体育協会公認スポーツドクター養成講習会|受講内定から申込完了までの流れ

この記事では、日本体育協会公認スポーツドクター養成講習会の受講内定通知が届いた方のために、受講内定通知書が届いてからやらなければならないことについて紹介します。せっかく推薦をもらって受講内定が決まったのに、手続きをきちんとしないと、受講することができません。そんなことにならないように注意しましょう。

【2017年版】スポーツ選手が使用可能なビタミン・滋養強壮・鉄剤リスト

この記事では、アンチ・ドーピングとして使用可能なビタミン剤・滋養強壮剤・鉄剤を紹介しています。思いがけないうっかりドーピングや自分が処方した・選手に手渡した薬で選手がドーピング検査で引っかかってしまうことがないように、今回紹介した薬の中から薬を選んで頂くと安心です。参考になれば幸いです。

【2017年版】スポーツ選手が使用可能な気管支炎・気管支喘息に対する薬リスト

この記事では、アンチ・ドーピングとして使用可能な気管支炎・気管支喘息に対する薬を紹介しています。思いがけないうっかりドーピングや自分が処方した・選手に手渡した薬で選手がドーピング検査で引っかかってしまうことがないように、今回紹介した薬の中から薬を選んで頂くと安心です。参考になれば幸いです。

全身CT検査(Trauma Pan-scan)の読影方法とその所見による治療方針

この記事では、全身CT検査として知っておくべきTrauma Pan-scanの読影方法とその所見と治療方針について解説しています。Trauma Pan-scanの読影において何が重要なのか、実際にどうやって読影するのか、読影所見と治療方針も併せて覚えておきましょう。外傷診療に携わる方の参考になれば幸いです。

整形外科の手技(基本手技・ギプス・テーピング・エコー)|おすすめ教科書7選

この記事では、整形外科の手技を学ぶためのおすすめ教科書7選を紹介します。整形外科医として必要な関節内注射やブロック注射、骨折に対する牽引療法などの基本手技、骨折や捻挫を保存的に治療する場合のギプス固定やテーピングの手技、超音波を用いた診察・ブロックなどの手技を習得するためのおすすめ教科書を紹介します。