目指せスポーツドクター|ブログ再開のお知らせ

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -

スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

かなり久しぶりの更新ですね。1日1回の更新記事もできず申し訳ありませんでした。ブログを書かなくなった期間にいろいろなことがあって、ブログに書きたい内容はむしろ今までよりもたくさんありました。

ただ尿路結石で体調崩したときから1回糸が切れて、3日ブログを更新しなくなったらもう体が動かなくなってしまいました。もちろん、病院業務はかなり多くて今まで以上に忙しかったこともあるのですが、ブログ以外のことに時間を使っていたのが実際のところです。

また、今日からブログを再開していこうと思いますので、今日はブログを休載している間にあったこと、今後などについて少しだけお話ししようかと思います。

ブログ休載期間にあったこと

まず、ブログ休載期間にあったことについてです。

実はこの期間に本当にいろいろなことがあり、自分にとって大きな変化もありました。

ブログ休載期間にあったこと

  • フットサル1級審判員体力テストの帯同
  • 日本整形外科サッカー大会地区予選
  • サッカードクターセミナー
  • 新たなサッカー関連の仕事
  • JFL開幕
  • 日本体育協会スポーツドクターの申請
  • 新たな病院関連の手続き
  • 確定申告の手続き
  • クレジットカード・銀行口座などの整理

これらについては、また1つずつ記事にしていこうと思います。

特に自分にとって大きな機転となったのはサッカードクターセミナーです。今回も新たにいろんな繋がりが増え、中央の先生ともたくさんお話しをさせて頂きました。そんな中でサッカー関連で新たな仕事も今後任せてもらえることになりました。そして、研修医の頃からの葛藤再びですが、今後も地方にい居続けるのか中央に出るのかという選択についても再度考える機会がありました。

今後について

今後に関しても少しだけお話しさせてください。

今後もブログは継続していこうと思っています。ブログって誰にでもできることではないし、ブログをやっているから出来た繋がりやもらえた仕事などもあります。

今後スポーツドクターとして生きていくうえで、現状、地方にいる自分としては、中央にいる同世代の人にない武器を持たなければ正直戦えないと思っています。

それは、論文であったり、研究であったり、関節鏡手技であったり、他の人がやらない分野のことであったり、資産形成であったり、ブログであるわけですが種はいろいろと蒔いています。もちろんまだ実のなっていないものばかりですが…。

自分で言うのもなんですが、自分がサッカー関連で大成できなかったら、きっと地方にいる人が大成できる確率は相当低いと言っていいのではないかと思います。

それくらい自分はサッカーに賭けてる自信がある。サッカー関連の仕事はもちろんだけど、いつかどこかで武器になるようにサッカー関連以外の仕事もできる範囲でしっかりやってます。

スポーツドクターになりたい人は中央に多いと思うけど、僕のように迷いながら地方にいる人もたくさんいるでしょう。そんな人たちにとって僕が地方にいてどこまでやれるのかを測る物差しになればいいなと思ってます。やっぱり戦えないと判断したときは、僕も中央に行く可能性はありますが、それまでは地方で全力で頑張ってみます。

自分自身のサッカーは最近ものすごい調子がよくて、特にフットサルに関してはやっとフットサルというものの動きがわかってきたかなという実感があります。この調子で自分自身のサッカーも頑張っていきます。これは単にサッカーが好きだからですが。

というわけで、やらなければいけないことは山積みで、とりわけ今週中に学会発表のスライドを完成させなければいけない状況に追い込まれていますが、またブログについても再開していこうかと思っています。

ブログの更新を楽しいにしていてくれた皆さん、休載して心配のメールを頂いた皆さんには本当に申し訳ない気持ちと感謝でいっぱいです。今後ともまた頑張っていきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

この記事を書いている人 - WRITER -

スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2017 All Rights Reserved.