CATEGORY 疾患

疾患

頚椎カラーの解除基準をより精密に|頚椎のレントゲンは必要?文献的考察

この記事では、救急搬送されてきた患者さんの頚椎カラーなどの頚椎固定のより精密な頚椎固定解除基準とそれに伴う問題点、また、頚椎X線が不要と判断するための基準について文献を元に紹介しています。頚椎カラーに対する考え方、頚椎X線が不要と判断する基準、全脊椎CTやMRIのメリットと問題点などを理解しておきましょう。

疾患

救急搬送された患者さんの頚椎カラーなど頚椎固定の解除基準

この記事では、救急搬送されてきた患者さんの頚椎カラーなどの頚椎固定の解除基準についてまとめています。救急外来で診療していても意外に知らない人が多いので、自信を持って患者さんの頚椎カラーを外すことができるように、頚椎固定を解除するタイミングおよび頚椎カラーの外し方について理解して頂けたら幸いです。

疾患

手術記録(オペ記事)の書き方|手術上達のために手術記録を活用しよう!

この記事では、手術記録(オペ記事)の書き方について紹介しています。手術記録を書くことは、特に初期研修医や後期研修医といった若手医師にとって非常に重要であり、手術をしたら必ず書かなくてはいけないものです。どうせ書かなきゃいけないのなら、上手いこと活用して手術上達のための手段として利用しましょう。

疾患

下腿コンパートメントとは|4つの区画と属する神経・筋肉を覚えよう!

この記事では、下腿のコンパートメントについてまとめました。それぞれのコンパートメントの神経、筋肉を覚えるとともに、コンパートメント症候群となったときにどのような症状が出るか、どの部位に圧痛が出るのかを覚えておくとよいでしょう。この記事ではそれらについてまとめていますので確認してみてください。

疾患

下腿コンパートメント症候群に対する減張切開術の方法

この記事では、下腿コンパートメント症候群の減張切開術の方法についてまとめています。下腿コンパートメント症候群と診断したら可及的速やかに減張切開を行う必要がありますが、診断したのはいいものの減張切開の方法がわからずに対応できないということがないように、この記事で減張切開の方法を確認しておきましょう。

疾患

膝関節拘縮の手術|伸展機構・膝蓋骨低位の処置、術後のリハビリ

この記事では、関節授動術を施行しても可動域が十分に得られない場合に行う伸展機構の処置、膝蓋骨低位に対する処置、術後のリハビリについてまとめています。1つの手を打った後に、十分な関節可動域が得られなかった場合に、次なる手を用意しておくことも大切です。また、膝関節拘縮の治療においては術後のリハビリが非常に重要です。

疾患

膝関節拘縮の治療|手術適応と観血的・鏡視下関節授動術とは

この記事では、膝関節拘縮の治療についてまとめています。膝関節拘縮の治療を行ううえで、まずその原因が何なのかについてしっかり病態を把握しておくことが大切です。関節拘縮の原因を踏まえて、手術適応と観血的・鏡視下関節授動術(癒着の剥離)での治療についてまとめていきます。