2016年日本整形外科学会各スポーツ大会最終結果|優勝したのは…?!

Sponsored Link

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

今日はいよいよ日本整形外科学会学術総会最終日です。学会最終日も朝早くからサッカー・野球・バスケットボールのスポーツ大会が行われました。

連日、勝ち進んで早起きされた先生方は本当にお疲れさまでした。学会と同じく、本日で各スポーツ大会もすべて終了しました。

というわけで「日本整形外科学会スポーツ大会の最終結果」を載せておきます。

Sponsored Link

はじめに

そもそも、この大会って何や?
って思われる方もいるかと思いますので、以前の記事を紹介しておきます。

日本整形外科学会サッカー大会|整形外科医のプライドをかけた熱き戦い!

2016.03.13

サッカー大会とバスケットボール大会に関しては、大会前にトーナメント表も記事にしてあるので、こちらでご確認ください。

大会2日目終了時、大会3日目終了時の経過はこちらからチェック。

2016年日本整形外科学会サッカー・野球・バスケ大会|2日目経過

2016.05.13

2016年日本整形外科学会サッカー・野球・バスケ大会|3日目速報

2016.05.14

というわけで、本日で日本整形外科学会サッカー大会・バスケットボール大会・野球大会が終了したわけですが、どこのチームが優勝したのか!

本日は最終的な結果をお知らせします。

サッカー大会

最初にサッカー大会の結果です。

サッカー大会最終

決勝戦は神戸大学VS九州大学で西日本のチーム同士の対戦でした。

前後半が終わって同点であったため延長戦にもつれ込み、最終的に神戸大学が2−1で勝利し、見事優勝しました。
メンバーも豊富で若手の多い神戸大学はやはり強かったですね。

3位決定戦は群馬大学VS新潟大学で、PK戦の末、群馬大学が3位に輝きました。

サッカー大会結果

優勝:神戸大学

準優勝:九州大学

第3位:群馬大学

野球大会

続いて野球大会の最終結果です。

野球大会-2

最終日が終了し、残ったのは兵庫医科大学と弘前大学の2チームです。

今日2試合する時間はなさそうだけど、どうなるのかなと思っていたら、写真の上にちょっこり書かれている通り、「日程順延により決勝戦は行わず、2校優勝とします。」だそうです。

なんだそりゃって感じですね。日程が順延になったんなら、どこかで回数を減らして2試合するとか何かして調整しろよって感じですね。

野球大会結果

優勝:兵庫医科大学・弘前大学

ベスト4:金沢大学・昭和大学

バスケットボール大会

最後にバスケットボール大会の結果です。

バスケットボール大会

準決勝1試合目の三重大学VS大阪市立大学は14−7で大阪市立大学が勝利、準決勝2試合目の慶応義塾大学VS秋田大学は13−5で秋田大学が勝利しています。準決勝なのにこの差はすごいですね。

決勝戦は秋田大学が8−6で大阪市立大学に勝利し、見事優勝しました。

3位決定戦では慶応義塾大学が11−8で三重大学を下し、3位に輝いています。

バスケットボール大会結果

優勝:秋田大学

準優勝:大阪市立大学

第3位:慶応義塾大学

バスケは単回で開催されたり開催されなかったりしていますが、来年度の日本整形外科学会学術総会でも開催される予定だそうです。

でも、地域予選はないそうでどこの大学でも本大会に出場できます。うらやましい限りですね。

おわりに

以上、2016年日本整形外科学会のサッカー大会・バスケットボール大会・野球大会の最終結果をお送りしました。

来年度の第90回日本整形外科学会学術総会は、東北大学が主幹大学となっており、仙台で開催される予定です。来年度も学会での発表はもちろんですが、サッカー・野球・バスケのスポーツ大会でもまた盛り上がることでしょう。

地区予選を勝ち上がって仙台に行きたいですね!!ただ、起きたことのないような朝早くに起きてスポーツをし、その後、学会で発表したり講演を聴くのはめちゃくちゃハードだということがわかりました。

ちなみに第90回日本整形外科学会学術総会は、

2017年5月18日(木)〜5月21日(日)まで仙台国際センター他(仙台市)

で開催される予定です。

Sponsored Link

 おすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。