最近Instagramに力を入れてます!ぜひフォローしてください!
アキレス腱断裂後の修復過程|良好に修復されるために必要なものとは? - 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して アキレス腱断裂後の修復過程|良好に修復されるために必要なものとは? - 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して

      2017/09/01

アキレス腱断裂後の修復過程|良好に修復されるために必要なものとは?

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

月曜、火曜と連続でフットサルをして、今日は筋肉痛だし何か眠いです。もっと体を鍛えていかないとダメですね。

さて、今日は昨日に引き続きアキレス腱関連の話題です。

アキレス腱の新鮮例では、保存的治療、アキレス腱縫合術を行い、陳旧性アキレス腱断裂やアキレス腱の再断裂例に対してはアキレス腱縫合術を行うという話をしてきましたが、そもそもアキレス腱は断裂した後、どのように修復されていくのでしょうか。

また、良好に腱が修復されるためには必要なものとは何なのでしょうか?

この記事では、アキレス腱断裂後の修復過程についてお話ししていきます。

アキレス腱断裂後の修復過程

前回の記事で、陳旧性アキレス腱断裂やアキレス腱の再断裂例に対して、近年では断裂端間の瘢痕組織を用いる方法も報告されるようになってきたということをお話ししました。
( 安田 稔人. : 中部整災誌. 2012 )

これは、アキレス腱の修復過程が解明されてきたからです。

アキレス腱断裂後は腱断端間がまず瘢痕組織で埋まり、それが経時的に腱組織に再生する。
( Yasuda T, et al. : Acta Orthop Scand. 2000 )

ということが報告されています。


図2:アキレス腱の修復像(左:術前 右:術後1年)

そして、術前のMRI所見で断裂端間に介在する瘢痕組織の太い例では、術後に腱は肥厚し均一な低信号を呈するようになり、腱修復が良好に経過すると報告されています。
( 安田 稔人. : 中部整災誌. 2012 )

また、術前のMRI所見で断裂端間の瘢痕組織の細い症例においても、術後に腱は太くはなっていきますが、腱修復にはやや時間を要し、MRI所見でも腱が均一な低信号を呈するまでに時間がかかり、高信号変化が残存します。

アキレス腱縫合を行うにあたって

以上のことを踏まえると、

陳旧性アキレス腱断裂で縫合する場合には、瘢痕組織はあまり切除せずに可及的に温存した方がよい

ということになります。

また、断裂端間の瘢痕組織の細い例では腱断端を重ね合わせて縫合するなどの工夫も必要かもしれません。


図:ハムストリングスを用いたアキレス腱再腱術

新鮮アキレス腱断裂の保存的治療

アキレス腱断裂の新鮮例でも、断端間の距離が大きいとなかなか瘢痕組織が形成されず、形成されたとしてもか細い瘢痕組織しか形成されないことになります。したがって、再生する腱も脆弱になってしまい再断裂の危険性が高まります。

ですので、

新鮮例を保存的に治療する場合は、しっかりと断端間が寄る(太いしっかりとした瘢痕組織ができる)ことを確認しておく必要があります。

断裂端間が寄らない場合は、縫合して断裂端間の距離を寄せておくべきということになります。

また、当然のことながら、高齢になるほど瘢痕組織も形成されにくくなるので、

高齢者のアキレス腱断裂を保存的に治療する場合には、注意深い経過観察を行う必要があります。

まとめ

以上、今回はアキレス腱断裂後の修復過程についてお話ししました。

この内容を理解していれば、保存的治療においても再断裂の確率を減らすことができるようになるでしょう。

アキレス腱断裂についてはかなり詳細にまとめてきましたので、そろそろまとめ記事を作ります。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2017 All Rights Reserved.