サッカー日本代表チームドクターを目指す整形外科医のブログ

目指せスポーツドクター

カテゴリー

検索

スポーツ医学を本気で学びたい人のためのスポーツセミナー動画視聴サービス

業績を考える時にインパクトファクター(impact factor)はどう考えるべきか?

 
Sponsored Link
Sponsored Link
この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも、こんにちは。
整形外科医のよせやんです。

よせやん

今日は時間がないので雑ネタです。

基礎研究であれ、臨床研究であれ、研究に携わっている人ならインパクトファクター(impact factor)という言葉を聞いたことがあるでしょう。

 

今回は、業績を考える時にインパクトファクター(impact factor)はどう考えるべきか?について僕の感覚を書いてみようと思います。

 

せっかく研究したり、論文を書いたりするなら意識しておきたいところではないかと思います。

ただ、あくまで僕の感覚的な話なのでそこは予めご了承ください。

 

インパクトファクターとは

まず、インパクトファクターとはどういうものなのか改めて確認しましょう。

インパクトファクターとは、文献引用影響率のことで特定のジャーナル(学術雑誌)に掲載された論文が特定の年または期間内にどれくらい頻繁に引用されたかを平均値で示す尺度です。

 

インパクトファクターは学術雑誌によって決まっています。

特定のジャーナルのインパクトファクターは、対象年における引用回数を、対象年に先立つ 2 年間にそのジャーナルが掲載したソース項目の総数で割ることによって計算します。

 

現在の医学系総合誌のトップジャーナルは以下の通りです。

  1. New England Journal of Medicine (NEJM)  70.67 (2018)
  2. LANCET 59.10 (2018)
  3. JAMA (Journal of the American Medical Association) 51.27 (2018)
  4. Nature Medicine 30.64 (2018)

 

業績においてどう判断される?

では、このインパクトファクター(IF:impact factor)というものは個人の業績としてどう評価されるのでしょうか。

 

まず、皆さんは以下の中で業績として最も評価されるのはどれだと考えていますか?

よせやん

 

以前、Twitterで同じような内容でアンケートを取ってみたのでその結果を紹介します。

 

何とな〜く、皆さん同様の感覚を持っているのかなと思います。

ただ、人によっては考え方が全然違うようです。

 

僕の感覚では

実際に個人の業績を評価する際の指標はh-indexやらg-indexやらいろいろとあります。

それはまた別の機械にお話ししますが、実際にはすべて論文の被引用回数の合計値を、論文の掲載本数で割って算出するのが一番適切なのかもしれません。

 

ただ、それは非常にめんどくさいのでもっと簡易な方法だと・・・

投稿した雑誌のIFの二乗を足すのが一番感覚的に近いと思います。

 

つまり、上の例で言うと、

  1. 10×10=100
  2. 5×5×2=50
  3. 1×1×10=10

って感じです。

 

とはいえ、IF1の雑誌に論文を通すのも実際はかなり大変です。

アカデミック系の先生方は本当にすごいと思います・・・。

 

おわりに

以上、今回は業績を考える時にインパクトファクター(impact factor)はどう考えるべきか?について僕の感覚を書いてみました。

 

ですので、個人的には同じ系統の研究に関してはデータを小出しにして下のジャーナルに投稿するのではなく、しっかりとまとめあげた総合的なデータを上のジャーナルに投稿する方が業績として圧倒的に有利になると思っています。

それを狙って論文を全然書かないのも本末転倒なんで、難しいんですけどね。

 

とりあえず、僕は今大学でアカデミックな方面もやっているので、やるからにはちゃんと業績も出していかないといけないと思っています。

それがどこまで自分の未来にとって意味があるのかはまた別の話ですが。

僕は何事もやるからには上を目指したい性格ですので、その方針で頑張ろうと思います。

 

 

また、アカデミックな内容についてもちょこちょこ記事を書いていこうと思います。

よせやん

 

本気でスポーツ医学と運動器診療を学びたい人のために!

  • どこにいても(都会でも地方でも)
  • 誰でも(医師・理学療法士・鍼灸師・柔道整復師・トレーナー・学生などスポーツに関わる全ての人)
  • いつでも(24時間)

利用可能なスポーツセミナー動画配信サービス!!

1週間1円トライアル実施中!!

この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら
関連記事(一部Sponsored Link含む)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 目指せスポーツドクター , 2020 All Rights Reserved.