サッカー日本代表チームドクターを目指す整形外科医のブログ

目指せスポーツドクター

カテゴリー

検索

本気でスポーツ医学を学びたい方は今がチャンス!本気のオンラインセミナーが今だけ1週間1円トライアル実施中!

お手頃価格でポケットサイズのポータブルエコーmiruco|従来機器との画像比較・スポーツ現場での使用感を紹介

WRITER
 
Sponsored Link
Sponsored Link
この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

よせやん

マイエコーが欲しいと思っているけれども、高くてなかなか手が出せないと思っている人ってたくさんいるのではないでしょうか。

特に、僕のブログを訪問してくださる方は整形外科医やスポーツ医療に関わる人が多いので尚更だと思います。

 

普通、マイエコーを買おうと思うと安くても150万〜300万円くらいします・・・。

ほとんど車が買えてしまう値段ですので、独身のうちならまだしも、結婚しているとなかなか買いたくても買えない・・・という方も多いかと思います。

 

というわけで、今日はそんな方のために非常にお手頃価格で購入できるポケットエコーmirucoを紹介しようかと思います。

 

実は発売されてしばらくして僕も飛びついて購入しました。

なので、自分が使った正直な感想も兼ねて紹介していこうと思います。

よせやん

ポケットエコーmirucoとは

ポケットエコーmirucoは、日本シグマックス株式会社が2019年に発売した非常にコンパクトなポケットサイズのエコーです。

 

mirucoは白衣のポケットにも入るくらいの非常にコンパクトなエコーです。

重さも500g以下で持ち運びも非常に楽です。

 

タブレットは少し大きいスマホサイズなので高齢の方でなければ使い勝手は非常にいいと思います。

スマホと同じくすぐに起動できますし、画像の管理もスマホと同様です。

もちろんwifi環境下でメールで送ったり、クラウドサーバーに保存することもできますし、USBやSDカードで用いてデータを取り出すこともできます。

 

そして、何よりも素晴らしいのはその価格です!

運動器は10MHzを使うことになると思うので、その場合の価格は298,000円〜。

〜というのはオプションを付けたり、保険を付けることで変動します。

 

いずれにせよ、その価格は従来のポータブルエコーの1/10程なのです!

今までこんなエコーどこを探しても存在しませんでした。

よせやん

エコー画像

では、とても大切な要素であるエコー画像はどうなのか。

それも正直にお伝えしていきます。

 

正直、普段病院でエコーを使用している方だとmirucoの画像はかなり荒いなと思うでしょう。

しかし、価格の差を考えたらそれは当たり前です。

 

問題は、

どの程度見えて、実際に診療で使えるのか

だと思います。

 

というわけで、今回はmirucoの画像をARIETTA PrologueLE(日立)と比べさせてもらおうかと思います。

外部リンク:ARIETTA PrologueLE(日立)を見に行く

 

足関節(ATFL)

まず足関節の前距腓靱帯(ATFL)から見てみましょう。

miruco

PrologueLE

 

何かとエコーを使うことが多いのは足関節でしょう。

mirucoでもATFLの走行はきちんと確認できますし、avulsionも問題なく確認できます。

もちろん前方引き出しストレスをかけて、動揺性もきちんと確認できます。

 

ただ、PrologueLEの画像と比較するとかなり荒く見えますね。笑

 

アキレス腱

続いて、アキレス腱です。

miruco

PrologueLE

 

アキレス腱も走行は問題なく確認できますし、同的評価も問題なくできます。

もちろんPrologueLEと比べると、Kager’s Fat Padなどは見にくいかなとは思います。

 

腱板(棘上筋)

次に、腱板(棘上筋)を見てみましょう。

miruco

PrologueLE

 

ここも他と同様な感じですね。

慣れている方なら腱板断裂の評価はできると思います。

 

足底腱膜 

次に、足底筋腱

miruco

PrologueLE

 

足底筋腱は踵部脂肪体のために、いいエコーを使っていても見にくい場所です。

mirucoでは厳しいだろうなと思っていましたが、何故か意外によく見えます。笑

 

大腿四頭筋

そして、大腿四頭筋

miruco

PrologueLE

 

大腿四頭筋はコンタクトスポーツだと、筋損傷を非常に起こしやすい部位です。

エコーがあれば筋挫傷や肉離れなどの筋損傷を診断し、その重症度についてもある程度評価することが可能です。

 

ただ、やはり深さが必要なので、mirucoの画像は少し見にくいです。

PrologueLEのように綺麗には見えませんが、血腫を確認することは問題なくできるでしょう。

診断には十分使えると思いますが、細かい重症度まで評価するのは少し難しいかと思います。

 

腕橈関節

最後に、僕もあまり馴染みがありませんが腕橈関節です。

miruco

PrologueLE

 

野球に携わる方や上肢を専門としている方はよく見るかと思います。

こちらも構造はしっかりと確認でき、ある程度の評価は可能だと思います。

 

mirucoを使ってみての感想

僕はmirucoを購入してから数ヶ月が経過しました。

基本的には帯同しているスポーツ現場や自分が所属する社会人フットサルチームの選手が怪我をした時に診てあげるのに使っています。

 

結論から言うと、僕はスポーツ現場で用いるだけであればmirucoでも全然OKだと思います。

よせやん

いつも病院で使っているエコーとは正直画像の面でかなりの差がありますが、普段からエコーを使っている方であれば多少画像が悪くても十分に評価できます。

 

また、スポーツ現場では詳細に評価をしなくてもある程度の評価ができればそれで十分と思っています。

上で紹介したようなスポーツ傷害に加えて、骨折が疑われる時に皮質骨の途絶がないかを確認するのには十分です。

 

ただ、病院の診察室での診療となると少し話が変わるかなと思います。

病院の診察室では詳しい評価も必要となってきますので、個人的にはもう少しクオリティのいいエコーを使いたいところです。

ですので、病院で使う場合の活躍の場は、ベットサイドでの診察リハビリ時の評価かなと思います。

 

人間、何かを手にするともっといいものが欲しくなるもので・・・

僕も正直、将来はもっとクオリティのいいポータブルエコーが欲しいです。笑

でも、最初に導入するエコーとしてはmirucoで全然問題ないと思います。

 

実際、スポーツ現場にエコーがあるのと、ないのとでは天と地の差があります

医療者自身もその場である程度診断したり評価することができるのはかなり大きいですし、画像を一緒に見ることで選手とのコミュニケーションもかなり取りやすくなります。

また、画像を見せてあげることでチームスタッフにも選手の現状をわかってもらいやすくなるでしょう。

 

というわけで、病院にエコーがない整形外科医の先生やスポーツ現場で働く医療者の方は、お手頃価格で手に入るmirucoの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

よせやん

特別セットで購入可能

mirucoですが、このブログを見てから購入すると多少の特典があります。

 

製品注文の際に、「目指せスポーツドクター」のホームページを見た旨を備考に記載頂くと、

miruco購入セットにオプション品フルセットがついた特別セットで購入が可能です。

 

オプション品フルセット
  • バッグ
  • プローブ保護カバー
  • タブレット保護リング
  • 超音波ゲル用ミニボトル 

 

ちなみに、購入される方が得をするだけで残念ながら僕には何の特典もありません。笑

純粋にこんなものがあるよとお伝えしたかっただけです。

よせやん

購入者条件

ただし、mirucoは購入者に条件があります。

購入者条件
  • 医師
  • 看護師
  • 放射線技師
  • 臨床検査技師
  • 上記有資格者の管理下で使用可能な医療従事者  

 

上を見ると、「PTやATは使えないのか?」と思われそうですが、PT・ATの方が個人で購入するのではなく、医療機関からの注文であれば「有資格者管理の元」使用する形になるので購入することが可能です。

また、スポーツチームで購入する場合は、チームドクターの承諾が必要です。

スポーツチームを除く一般企業、接骨院・整骨院並びに柔道整復師・鍼灸師個人への販売は現在のところ行っていないそうです。

 

詳しくは、以下からシグマックスさんにお問い合わせください。

各種お問合せ先:miruco-iryou@sigmax.co.jp

 

また、mirucoはお試しレンタルすることも可能です。

購入・お試しレンタルのお申込みはこちらからできます。

 

おわりに

以上、今回は非常にお手頃な価格で手に入るポケットエコーmirucoを紹介しました。

 

スポーツドクターの知り合いと話していると、皆マイエコーが欲しいと言っている方ばかりです。

マイエコー購入について奥さんと交渉して、苦労の末に買われているスポーツドクターは実は多いのです。

ただ、mirucoくらいの値段であれば従来の150万〜300万のエコーを買うよりも比較的話を切り出しやすいですよね。笑

 

というわけで、病院にエコーがない整形外科医の先生やスポーツ現場で働く医療者の方は、お手頃価格で手に入るmirucoの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

僕は5年後くらいにクオリティの高いエコーに買い替えたいなと思っていますが、今はマイエコーを持ててるだけで大満足です。

よせやん

 

本気でスポーツ医学と運動器診療を学びたい人のために!

  • どこにいても(都会でも地方でも)
  • 誰でも(医師・理学療法士・鍼灸師・柔道整復師・トレーナー・学生などスポーツに関わる全ての人)
  • いつでも(24時間)

利用可能なスポーツセミナー動画配信サービス!!

1週間1円トライアル実施中!!

この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら
関連記事(一部Sponsored Link含む)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 目指せスポーツドクター , 2019 All Rights Reserved.