2017/09/18

整形外科医2年目の僕が2016年に参加した学会・勉強会

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

年末に全然ブログを更新しなかったことを反省して、今年は記事をもうちょっと簡単にして更新頻度をある程度保とうと思います。

さて、今日は昨日に引き続き昨年を振り返ってみようと思います。

今回はスポーツドクターを目指す整形外科医2年目の僕が2016年に参加した学会・勉強会についてまとめてみます。

学会や勉強会は、その分野の最新の知識・情報を得ることができ、自分の臨床研究するテーマやアイデアを見つけたり、モチベーションを保つ意味でも大切です。またその分野における有名な先生やその分野に興味のある先生と知り合うきっかけにもなります。

2016年に参加した学会・勉強会

では早速、2016年に参加した学会・勉強をまとめてみます。

平成27年度参加した学会・勉強会

1月9−10日      日本足の外科学会教育研修会 第6回機能解剖セミナー

2月20日     地方スポーツ障害研究会

4月8-9日       第126回中部日本整形外科災害外科学会@浜松 発表あり

5月12-15日      第89回日本整形外科学会学術総会(サッカー大会含む)

5月14日      医師のキャリア革命

7月16日       AO Trauma Seminar Kanazawa

7月28〜30日    第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)@福岡

8月6日         第9回足の外科学会教育研修会@福岡

8月7日       サッカー医科学フォーラム

10月1〜2日       第59回サッカードクターセミナー@金沢

10月5〜9日       cadaver training(膝関節)@Hawaii

10月15日        講演@市民講座

10月22日        地方足と靴の研究会

11月5〜6日       第27回日本臨床スポーツ医学会学術集会@千葉 発表あり

11月17〜18日      第41回足の外科学会学術集会@奈良 発表あり

11月19日        関節鏡手術手技研究会

12月2日        第17回TKAフォーラム@東京

12月3日        第33回膝関節フォーラム@東京

以上でしょうか。

ここでは、都道府県規模より大きい学会や勉強会のみ記載しています。もちろん、この他にも都道府県レベルでの勉強会には多数参加してます。

2016年も将来専攻したい専門分野である膝・足に関わるもの、スポーツ関連のもの、日常業務で必須な分野に関するものに主に参加しました。

また、足関節鏡や膝関節鏡のcadaver trainingに参加できたことも僕にとってはかなり大きかったです。やはり学びたいことがあったら飛び込んでみるというのは成長するうえで大切だなと感じました。

そして、今まで参加したことのなかった医師のキャリアや経済的・時間的・空間的自由について考える医師のキャリア革命に参加してみたことも僕にとっては大きな人生の契機になりました。

これの続編?である医師のキャリア革命(オンラインサロン)にも12月末から参加しています。

毎年度参加したい学会・勉強会

僕には毎年必ず参加したい学会があります。

毎年、必ず参加する学会・勉強会

・JOSKAS
・臨床スポーツ
・足の外科学会
・サッカードクターセミナー

これらには研修医の頃から参加させてもらっています。 

あとは日本整形外科スポーツ医学会に参加するかどうかでしょうか。

スポーツ医学関連の学会

最後に、スポーツ関連の学会に興味がある方のために、スポーツ医学に関する学会を紹介しておきます。

おわりに

以上、今回は2016年に参加した学会・勉強会についてまとめました。

自分の興味のある分野の学会や勉強会では、その分野の最新の知識・情報を得ることができます。また、自分の臨床研究するテーマやアイデアを見つけたり、モチベーションを保つ意味でも大切ですね。

また、その分野の専門の先生やその分野に興味がある先生と知り合うきっかけにもなります。

ただし、若手が気持ちよく学会に行くためには発表は付きものです。そこはしっかりとこなしていきましょう。

2017年も精力的に学会や勉強会に参加していければと思います。

 

関連記事(一部スポンサーリンクを含む)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2017 All Rights Reserved.