サッカー日本代表チームドクターを目指す整形外科医のブログ

目指せスポーツドクター

カテゴリー

検索

スポーツセミナー動画視聴サービス先着100名学割導入中

若手整形外科医、研修医、柔道整復師におすすめの骨折・脱臼の整復・シーネ・ギプス固定の教科書

 
Sponsored Link
Sponsored Link
この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

 

どうも、こんにちは。
整形外科医のよせやんです。

よせやん

最近、かなり調子が出てきました。

研究、臨床ともに頑張っていきたいと思います。

それにしても時が経つのは本当にあっという間ですね。

1日1日を大切に過ごしていきたと思います。

 

さて、今日は若手整形外科医、外傷救急に関わる研修医や柔道整復師におすすめの骨折・脱臼の整復やシーネ・ギプス固定を勉強するための教科書を紹介しようと思います。

 

最近、学会もオンラインが主流になってきていて、実地に赴くことがないので新刊図書を手にすることがめっぽう減りました。

新刊図書を見るのは学会に参加する一つの楽しみだったんですけどね。

オンライン学会は楽ですし単位も取得しやすく、聞きたい講演が後でも聞けるのは大きなメリットですが、旅行気分は味わえないし、イマイチ学会に参加している感が出ないのは残念なところですね。

 

というわけで、学会会場で新刊図書を見れなくなりましたが、Amazonで久しぶりに医学書を見ていたら結構いい教科書が出ていました。

なので、最近発売された教科書の中でいいなと思ったものを紹介していこうと思います。

今回は、上述の通り骨折・脱臼の整復やシーネ・ギプス固定を勉強するための教科書を紹介します。

 

特に、この外傷はどう対応したらいいんだろう?どう固定したらいいんだろう?と疑問に思うことがまだ多い若手整形外科医、研修医、柔道整復師におすすめの教科書を紹介しようと思います。

よせやん

骨折・脱臼の整復・固定

まず、骨折・脱臼・捻挫の整復・固定の教科書です。

こちらの前版は僕も研修医の頃から使っていましたが、2020年に改定されました。

今回の改定で最新の知見にアップデートされ、ページ数も少し増えているようです。

前版は整形外科医だけでなく、研修医の方でも持っている方が多いのではないでしょうか。

救急外来においてある病院も多いですよね。

 

初歩的な内容も書いてあり、シンプルで使いやすい若手向けの外傷対応の教科書だと思いますが、僕は今でも脱臼整復時の確認や固定肢位の確認のために使っています。

特に画像所見や整復の写真・イラストが非常に多いため、視覚的に理解が非常にしやすく実地戦に非常に有用だと思います。

救急で出会う症例が幅広く網羅されており、これ一冊あれば対応や整復などで困ることはほとんどないでしょう。

 

若手整形外科医はもちろんのこと、外傷救急に従事しなければならない研修医、そして柔道整復師の方にもタメになる一冊ではないでしょうか。

よせやん

シーネ・ギプス固定

続いて、シーネ・ギプス固定の教科書です。

こちらは2020年11月に発売されたばかりの教科書ですが、非常に良さそうでしたので紹介させてもらいます。

今まであまり外固定のいい教科書ってなかったんですよね。

この教科書は各外傷の固定法が写真やイラスト付きでまとまっていて非常にわかりやすく使いやすいです。

 

  • シーネ・シャーレ・ギプスの使い分け
  • ギプス固定の注意点
  • 各外傷の整復と固定法
  • 緊急手術・処置が必要な病態

こういった項目が書かれてあり、整形外科専門医ならいざ知らず、整形外科専攻医や研修医、柔道整復師だと意外ときちんと理解していない内容もあるのではないでしょうか

骨折・脱臼の整復法も記載されていますが、やはりメインは外固定の部分なので、整復に関しては上の教科書の方がいいかなと思います。

ただ、外固定に関してはこちらの教科書の方がかなり詳細にまとまっています

例えば、手指の骨折においても、末節骨骨折・中節骨骨折・基節骨骨折・中手骨骨折ごとに分けて記載してくれてあります。

 

外固定の教科書は、外傷に関わる者であれば一冊は持っておくことをおすすめします。

よせやん

おわりに

以上、今回は若手整形外科医、外傷救急に関わる研修医や柔道整復師におすすめの骨折・脱臼の整復やシーネ・ギプス固定を勉強するための教科書を紹介しました。

 

上記2冊の教科書をセットで持っておくと、一通りの外傷対応は困らなくなると思います。

外傷に関わるみなさんの参考になれば幸いです。

 

また、暇なときにネットで教科書を覗いていいものがあれば紹介していこうと思います。

よせやん

 

本気でスポーツ医学と運動器診療を学びたい人のために!

  • どこにいても(都会でも地方でも)
  • 誰でも(医師・理学療法士・鍼灸師・柔道整復師・トレーナー・学生などスポーツに関わる全ての人)
  • いつでも(24時間)

利用可能なスポーツセミナー動画配信サービス!!

1週間1円トライアル実施中!!

この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら
関連記事(一部Sponsored Link含む)

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 目指せスポーツドクター , 2020 All Rights Reserved.