2017/10/07

股関節外科のおすすめ教科書|用途別のおすすめ教科書が見つかる!

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

今日は股関節外科のおすすめ教科書を紹介します。

運動器の中でも人体最大の荷重球関節である股関節は、最も重要な役割をはたす器官の一つです。股関節は人が立ったり歩いたりするときに体重を支える役割を担い、歩行時には体重のおよそ3倍、立ち上がりでは体重の数倍の重さがかかるといわれています。また、股関節は労働やスポーツにおける多彩な動きを可能としています。

進化の中で形成されてきた股関節の形態や機能は精緻であり、変形性股関節症などの変性疾患や転倒などによる大腿骨近位部の骨折が生じた場合、歩行困難となる原因になってしまい、その克服には専門的な医療が必要となります。

この記事では、そんな股関節外科を勉強するためのおすすめ教科書を紹介していきたいと思います。

股関節外科の教科書

では、股関節外科の総論的な教科書を最初に紹介します。

この教科書は股関節学のバイブル的な教科書です。

根拠にもとづく記述を基本に、基礎から臨床まで股関節に関連する専門的な事柄を網羅しながら詳しく解説されています。基礎、診断、治療など7つの編が組まれ、日常診療や臨床研究で役立つ分類、基準、指標、計測値に加え、日本で使用可能な人工股関節の一覧表と医師として知っておくべき医事法までも掲載されています。

この1冊があれば股関節外科のほぼ全ての疑問点を解消できることでしょう。

股関節外科の手術

続いて、股関節外科の手術の教科書です。

この教科書では、骨盤・股関節の手術的治療を関節温存手術と人工関節置換術に大別し、専門医が熟達すべき代表的な手術を精緻なイラストを用いて分かりやすく解説されています。

寛骨臼回転骨切り術、大腿骨転子間弯曲内反骨切り術,、大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)に対する外科的脱臼術、セメントレスおよびセメント人工股関節置換術、さまざまな合併症に対する再置換術などの実践的なテクニックが図解されており、手技のコツやピットフォールが満載の内容となっています。

股関節外科を専門とする先生におすすめの手術手技の教科書です。

次に股関節外科の外傷の教科書です。

この教科書は、外傷を扱うことが多い整形外科の先生におすすめの教科書です。

大腿骨側に起こる骨折(頚部骨折、転子部骨折、骨頭骨折)、骨盤側に起こる骨折(骨盤輪骨折、臼蓋後壁骨折、寛骨臼骨折)の手術に関して解説されています。特に、大腿骨側の骨折は外傷として遭遇頻度が高いスタンダードな手術であり、スクリュー、K-wire、髄内釘などの器具の扱い方に対する正確なスキルが求められます。また、骨盤側の骨折は難易度の高い手術であることから、十分な手術技術と解剖学的知識が求められます。

この教科書では、手術の場面ごとに簡潔な解説とイラスト・術中写真、その時必要な注意点やコツが掲載されており、執刀する際に必要とされる手技が、非常に理解しやすいように構成されています。

変形性股関節症ガイドライン

次に、股関節外科で扱うことが最も多いであろう変形性股関節症のガイドラインを紹介します。

この教科書では、変形性股関節症の疫学・病態等の基本的知識から、診断・各種治療法、また新たに「大腿骨寛骨臼インピンジメント(FAI)」に関するクリニカルクエスチョンが設けられています。主要文献のメタ解析と委員会の合議によって推奨gradeが定められており、

変形性股関節症のエビデンスに基づいた診断・治療、患者への説明のよりどころとなる教科書です。

人工股関節の教科書

次に、股関節の手術の代表である人工股関節全置換術(THA)の教科書です。

この教科書は、人工股関節のことを一度まとめてできるだけ短時間で勉強したい若手整形外科医の先生におすすめの教科書です。

人工股関節の教科書は、歴史、材料、トライボロジー、バイオメカニクス、術前計画、手術進入法、手術手技、周術期ケア、臨床成績などが詳述された分厚いものが多いですが、この教科書ではこれらが比較的コンパクトにまとめられています。

人工股関節の知識を整理し、常に人工股関節の進歩に目を向け、新しい医学情報を吟味しておくことは重要で、文献に常々目を通すのが理想的ですが、まずは人工股関節のさまざまな基本的知識がまとめられたこの教科書を読んで基本を身につけておくのがよいでしょう。

この教科書は、人工関節手術〜術後リハビリまでの全容を学ぶことができる教科書です。

超高齢化社会が進みに連れて、股関節および膝関節の変形性関節症による要介護者が増加傾向にあります。その根本的な治療方法には人工関節手術があり、手術手技やリハビリテーション、材料の進歩によって優れた長期成績を収めています。

このような背景においてこの教科書では、人工関節の術前・周術期・術後および退院後を効率的に進めるために知るべき、手術関連の情報、疼痛管理、看護ケア、リハビリテーション技術等を容易に理解できるよう系統的・網羅的にまとめられています。

本来、人工股関節全置換術は患者のQOL、ADLを高める効果を目的に行われるものですが、人工関節置換術周囲感染はひとたび感染すると、逆にその目的を損なう整形外科医にとってもっとも忌むべき致命的な合併症にもなります。

この教科書は、世界80カ国の整形外科医のみならず、感染症専門医、リウマチ専門医、放射線科専門医、病理学、薬理学の一流の研究者が一堂に会し、長時間にわたり多くの論文を吟味して作成されたコンセンサスです。感染の発症機序に止まらず、予防、診断、治療についての解説はそのまま実践に役立つ内容になっています。

臨床医および患者にとって有益で最高の研究を統合した人工関節置換術周囲感染の教科書といえるでしょう。

股関節鏡視下手術の教科書

そして、股関節鏡視下手術の教科書も紹介しておきます。

低侵襲・早期復帰が求められるなか、股関節外科においても鏡視下手術の重要性はますます高まっていると言えるでしょう。

この教科書では股関節、膝関節、足関節の鏡視下手術の基本操作、主な手術手技について、多数のカラーイラストとDVDに収録した動画で詳細に説明されています。本文中では、手術手技の基本的な流れの解説はもちろん「手術のコツ、注意点」「トラブルシューティング」が随所に掲載され、術中トラブルや合併症への対処法などについても解説されています。

股関節だけではありませんが、下肢の鏡視下手術についての多彩な情報が集約された教科書です。

股関節外科の英語の教科書

最後に、股関節外科の英語の教科書です。

医師にとって英語は論文を読んだり、書いたりする上で必ず必要です。意味の知らない単語や言葉の言い回しを調べる時間を減らすためにも、少しでも慣れておいて損はありません。

股関節外科について、英語でしっかりと勉強したい方は読んでみてはいかかでしょうか。

さいごに

以上、今回は股関節外科のおすすめ教科書を紹介しました。

運動器の中でも人体最大の荷重球関節である股関節は、最も重要な役割をはたす器官の一つです。股関節は歩行だけでなく、労働やスポーツにおける多彩な動きを可能としています。そんな股関節についてしっかりと勉強しておきましょう。

何はともあれ、日々勉強することのどれだけ多いことか。勉強してもしても新しく勉強することが湧き出てきます。若手だから当たり前なんでしょうが、前線でやっていくためには、結局医者はいつになっても日々勉強なのかなと思います。

この記事が股関節外科の教科書を探している方の参考になれば幸いです。

 

関連記事(一部スポンサーリンクを含む)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2017 All Rights Reserved.