2017/12/22

楽天カードからのブラックカードへのインビテーション(招待)|ブラックカードの特典とは

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

今日はオペ日ではありませんでしたが、結局1日中手術してました。今日は手術を通して本当に学ぶことの多かった1日でした。勉強しなきゃいけないことは本当に山のようにありますね。

今まで自分は常に成長してると思っていましたが、そんな中でも今年は特に成長できた感が半端ない1年なので、この調子で勉強しなきゃいけないことを見つけたら徹底的に勉強していこうと思います。

さて、話はガラリと変わりますが、先日、楽天からブラックカードへのインビテーション(招待)が届きました。

というわけで、今日は医学の内容ではありませんが、楽天ブラックカードに関してお話ししようかと思います。

ブラックカードとは

まず、そもそもブラックカードとはどういうカードなのでしょうか。

クレジットカードには、通常カード、ゴールドカード、プラチナカードなどがありますが、ブラックカードはあらゆるクレジットカードにおける最上位のカードの通称であり、ブラックカードを持つことは究極のステータスであるとも言われています。

後に、ブラックカードと通称されることになる最初のクレジットカードは、アメリカン・エキスプレスが発行を開始したアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードです。この券面がを基調としていたため、一般にブラックカードと呼ばれることとなりました。

その後、他の会社もこれを真似して、プラチナカードより上位に位置するクレジットカードとして同様にブラックカードを発行するようになったのです。

日本で手に入るブラックカード

では、日本で手に入るブラックカードにはどのようなカードがあるのでしょうか。

代表的なブラックカードを紹介します。

日本で手に入るブラックカード
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
  • ダイナースクラブ・プレミアムカード
  • SBIワールドカード
  • スルガVISA  Infiniteカード
  • JCB ザ・クラス
  • 楽天ブラックカード

以上が、日本で手にできる代表的なブラックカードですが、その中でも一番価値が高いと言われているのが、アメリカン・セキスプレス・センチュリオン・カードです。

このブラックカードの年会費は35万円、入会金は50万円と破格の維持費がかかりますが、提携しているホテルを予約すると通常価格で自動的にスイートルームにアップグレードしてくれたり、飛行機をエコノミークラスで予約してもファーストクラスが空いていれば自動的にアップグレードされるなど普通では考えられない特典があります。

楽天ブラックカード

では、楽天ブラックカードとはどんなブラックカードなのでしょうか。

楽天ブラックカードは楽天カードの最上位カードですが、他のブラックカードと比較すると敷居が低く、実際にはプラチナカード相当のカードであるとも言われています。

年会費は30,000円であり、年会費の面でも他のブラックカードと比べるとかなり安く手にできます。

では、楽天ブラックカードにはどのような特典があるのでしょうか。特典は色々とあるのですが、ここでは僕が惹かれた特典だけに絞って紹介します。

楽天ブラックカードの主な特典
  • プライオリティパスが同伴者2名まで無料
  • 24時間対応のコンシェルジュサービス
  • Mastercard TASTE OF PREMIUM
  • JCB ダイニング30
  • 楽天市場+1倍
  • 楽天トラベル+1倍
  • 楽天ブックス+1倍
  • 海外旅行傷害保険

プライオリティパスが同伴者2名まで無料

僕が楽天ブラックカードの特典で最も惹かれたのがこの特典です。

世界の130ヶ国・地域、約500の都市で、約1,000ヵ所以上の空港VIPラウンジが使い放題となるプライオリティパスに無料で入会することができます。しかも、本人だけではなく同伴者2名様まで無料で利用可能になるのです。

プライオリティパスは搭乗する航空会社、搭乗クラスに関係なくラウンジを利用でき、もちろん格安航空券利用時も使えます。

ゴールドカードならOKのラウンジは利用者が多いため、混んでいて落ち着かない時がありますが、プライオリティパスで利用できるラウンジは本来はビジネスクラス以上の搭乗者か、航空マイレージプログラムの上級会員に限定されている航空会社運営のVIPラウンジなので、アルコール飲み放題、食事が充実、シャワー室があるなど内容が優れており、利用対象者も少ないためフライトまでストレスなく優雅な時間を過ごすことができます。

このプライオリティパスの通常の年会費は、プレステージ会員で399米ドルですが、これに無料で入会できるので実質年会費45,000円相当が無料になるわけです。

楽天プレミアムカードでもプライオリティパスに無料で入会することは可能ですが、こちらの場合は自分1人しかラウンジに入ることができません。恋人とのデートで旅行する時や、他の人と一緒に出張する際には、自分だけラウンジに入るわけには行きませんので、この特典があると非常に便利なのは言うまでもないでしょう。

24時間対応のコンシェルジュサービス

国内・海外でのレストランや航空券の予約や、コンサート・スポーツ・ミュージカル等などあらゆるイベントのチケット手配など、私設秘書がいるようなサービスを無料で利用することができます。

国内外で24時間365日、通話料無料、熟練したサービスエクゼクティブが日本語で対応してくれます。海外だけではなく、国内でも利用できる上級カードならではのコンシェルジュ・サービスであると言えるでしょう。

コンシェルジュを活用すると、自分の貴重な時間を節約することができるだけでなく、ホテル予約において自分では満室で取れない状況であっても何とかしてくれて予約できてしまうこともあるそうです。

Mastercard TASTE OF PREMIUM

楽天ブラックカードのブランドは、MastercardもしくはJCBを選択することができます。

Mastercardを選択した場合は、Mastercardの上級カードサービスであるTaste of Premiumが利用可能となっており、以下のようなサービスが受けられます。

Taste of Premiumで利用できるサービス(一部)
  • 全国約200店の有名レストランにて2名以上の利用で1名が無料
  • 出発・帰国時の手荷物を無料宅配(2個)
  • 海外ホテル:8%OFF
  • ホテル+航空券:2,500円OFF
  • 海外WiFiルーター:通信料15%OFF
  • 海外携帯電話:通信料15%OFF、レンタル料金50%OFF

ここに挙げたサービス以外にも利用できるサービスはたくさんあります。

この中で一番魅力的なのは全国約200店の有名レストランを2名以上の利用で1名が無料になるというサービスではないでしょうか。誕生日や記念日などのディナーにかなり役に立ってくれそうです。

JCB ダイニング30

ちなみに、JCBを選択した場合にも同じようなサービスを受けることが可能です。

JCBのプラチナカードサービスであるダイニング30が利用可能となります。

ダイニング30は、レストランを何名で利用しても全員分が30%OFFになるというサービスです。

コース料理だけではなく飲み物も含めたお会計全体から30%割引になるので、飲み物代が高くかかる場合は非常にお得です。

楽天市場・楽天トラベル・楽天ブックスで+1倍

楽天のサービスをよく利用する人にとっては意外に大きな特典かもしれません。

僕は現在はネット購入のほとんどは楽天市場で済ませているし、ふるさと納税も全て楽天市場で行なっています。また、旅行に行く際のホテルや飛行機もほぼ全て楽天トラベルを利用して予約しています。

楽天市場は楽天カードを使えば、誰でも毎日ポイント5倍になりますが、これがブラックカードを使用することにより6倍になります。1回1回のポイントは大きな買い物でなければ小さな差かもしれませんが、まさに「塵も積もれば山となる」で楽天のサービスを頻用している人にとっては非常に大きな特典と言えるでしょう。

海外旅行傷害保険

最後に、意外にありがたいのが海外旅行傷害保険です。

楽天ブラックカードの海外旅行保険は最高1億円と充実していおり、しかも嬉しい完全なる自動付帯です。

また、家族(配偶者および生計を共にする親族)も補償の対象となります。

ちなみに、楽天ブラックカードは国内旅行においても傷害保険が自動付帯であり、海外旅行傷害保険と同様に家族特約つきで家族も補償されます。

旅行に行く度に保険に入るのは面倒くさいし、当然お金もかかります。しかし、楽天ブラックカードを持っていれば家族も含めて海外旅行の際に保険に入る必要がなくなるのです。

僕は意外にこの特典はいいなと思いました。

おわりに

以上、今回は楽天ブラックカードについてお話ししました。

年会費は30,000円と決して安くはないですが、海外によく行く&楽天サービスを多用している自分にとって絶対に損にはならないと思うし、なんとなく持っているとステータスになる気もするので、せっかくだから申し込みしようと思っています。

年末で資産形成について考える時期だと思いますので、今一度自分が持っているクレジットカードについて見直す&戦略を立てておくといいのではないかと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2017 All Rights Reserved.