サッカー日本代表チームドクターを目指す整形外科医のブログ

目指せスポーツドクター

カテゴリー

検索

Twitterフォロワー5,000人突破!ツイートもこちらでチェック!

2016年度スタート|昨年度の振り返りと今年度の目標

WRITER
 
Sponsored Link
Sponsored Link
この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

年度末でバタバタしていまして、ブログの更新も滞っていました。昨日も救急で来た両下腿開放骨折の緊急手術が終わったと思ったら、5月から赴任予定の病院の先生から近くで飲んでるから来ないかとお誘いがあったため、着替えて速攻でお店に向かいました。

さて、今日から新年度がスタートしましたね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

新年度がスタートしましたが、僕は4月は大学病院で新しく入局した先生たちの指導役として大学に残っているので、あまり変わった気はしません。だけど、新しく入局してきた先生たちの緊張感が伝わってきて、すごく新鮮な気持ちではあります。自分も1年前はこんな感じだったんでしょうか。

ということで、今日は医学の勉強からは少し離れて、反省も兼ねて2015年度の振り返りをしてみようかなと思います。

大学病院に勤務して

以前の記事でも書きましたが、入局にあたってはスポーツの強い大学の医局にするか初期研修をした病院の医局にするかなど非常に迷っていました。

初期研修病院では、最後の半年間をほぼスタッフのような勢いで整形外科で働かせてもらい、少し整形外科に対しても自信がついた状態で初期研修を終え、結局、現在の大学に入局することにしました。

確かに、最初は希望に満ちあふれていたのかもしれないですね。でも、すぐに大学病院で病棟番として働くことの現実を知りました。自分で研究するために大学病院に来るならいいと思うのですが、大学病院では自分の将来やりたいスポーツの手術なんでほとんどないし、執刀できる手術もほとんどない、やるのは病棟の雑用と上の先生の研究のためのデータ集めなどの雑用。

2週間もすると大学病院での仕事にも慣れ、1ヶ月もすると、あぁ大学病院はこういうところなんだなと悟りました。もちろん、プレゼンの仕方や腫瘍に関する知識など勉強になった面もありますが、外病院で成長できる度合いと比べてしまうと見劣りしてしまいますね。

でも、これはおそらくどんな仕事をしていてもこんなものなのでしょうね。自分にとっていいことばっかりの仕事なんてきっとあり得ません。ですので、そこに関しては文句なんて言うつもりはありません。しかし、整形外科1年目という非常に貴重な期間をこんな1年で終わらせたくないと思ってしまうのは仕方ないことでした。

幸い、大学病院の仕事には研修医時代にはなかった時間が腐るほどありました。3ヶ月目からは外来や手術手伝いなどの外勤バイトが始まったので、それに乗じて、空き時間に初期研修をした関連病院にスポーツ手術の勉強に行き始めました。

バイトで行くことは禁止されていたので、無給で行っていましたが、そんなことどうでもよくて、とにかく行けることがうれしくて仕方なかったのを覚えています。6月から関連病院に行き始めましたが、気が付いたら3月まで毎週火曜日そしてバイトのない金曜日はいつも行って勉強させて頂きました。

つい先日、大学病院の歓送迎会があり、そのときに4・5月で大学病院を去る先生1人1人に向けて教授から一言がありました。

自分はなんて言われるのかなぁと思っていたら、どーでもいいことに対する感謝を言われた後に、「仕事はそつなくこなすけど、たまに雑なときがあります。」と言われました。

おー!そんな評価だったんだとその日は非常に不快でしたが、翌日冷静になって考えてみたら確かにそう言われても仕方ないなと納得しました。

冒頭でも書いていた通り、大学の仕事に関しては確かに全くやる気なんてなかったのは事実ですし、火曜金曜は手術勉強に行き、月によっては水曜日もバイトで半日関連病院に行っていたため、平日の日勤時間に大学病院にいるのは他の病当番の半分もなかったかもしれません。今思えば確かに、忘年会のときの、看護師さんのPHSが繋がらない人ランキングでも3位にランクインしてました…。

まぁ日勤時間が終わってからの時間はだいたい病院にいて、病院の住人とさえ言われていたほど病院にはいたんですけどね。スポーツドクター活動や、学会活動も可能な限りやってきましたが、教授は病棟番のそういう活動を全く把握なんてしていないし、僕がスポーツ手術の勉強に関連病院に行っていたことさえおそらく知らないでしょう。

自分のメインはスポーツなので、大学の仕事をこなしながらスポーツ手術の勉強やスポーツドクター活動、スポーツ関連の学術活動をできたこの1年は自分なりにはそれなりに頑張れたかなと思っていますが、大学病院の仕事に関してはやる気がないからこそ完璧にこなしておくべきだったなということは反省しました。やるべきことをやっていない人間が、好きなことを自由にやらせてもらえるハズがないことはわかっています。

今年度はやらなきゃいけないこと(特に自分の嫌なこと)こそ、きちんと、そして先にやっておくということを目標に頑張りたいと思います。

ブログ

そして、この1年での大きな変化の一つはこのブログ「目指せスポーツドクター」を始めたことでしょう。

ブログを始めたことは、もちろんいいこともありましたし、正直なところデメリットもありました。

よかったことは、今まで自分の知らなかったOwned mediaの世界、そしてその力を知れたこと、ブログをしていなかったら絶対に知り合えなかったであろう多数の人と知り合えたことでしょう。

これから医学部を目指す方、スポーツ医学を志す医学生、同じ整形外科医を始めとする医師の先生方、そして、他大学のすごーい先生とも多数知り合うことができました。こういう出会いは今後、自分の人生の財産になると思っています。

そして、ブログを始めた最大のデメリットは、時間を取られてしまったことです。

10月で学会ラッシュが終わり、学会のスライド作成や論文作成も終わって自由に使うことの時間ができたのですが、時間があるときでないとできないと思っていたので、そのタイミングでこのブログを始めました。特に最初の2ヶ月間は、慣れていないブログの運営に関することで多大な時間を費やしました。今は時間があるときに記事を書いているだけなので、それほど時間の圧迫はありませんが。

予定では11月から3月までの期間で、溜まっていた論文ネタのデータを出すこと、書き途中だった2つの英語論文をacceptまで持っていくこと、を終えている予定でしたがまだ終わっていないのです。国試の勉強を一緒にしてた奴は、もうすでに3本の英語論文を投稿しているので完全に差をつけられてしまった現状です。4月も大学病院勤務になったので、ここで元の予定に追いつきます。

今年度の優先順位

何事においても優先順位って大切ですね。

昨年度の反省も踏まえた今年度の僕の優先順位は、

病院での仕事
その病院での仕事をしっかりこなすことを1番大切にしたいと思います。
その中で、関節鏡視と半月切除を一人でもできるようになることが目標です。

スポーツドクター活動
元々やりたいことなので、これに関してもできる範囲でしっかりやっていきます。

フットサル・サッカー
今年は特にフットサルを頑張りたいと思っています。
しっかりと身体作りをしたいし、試合で活躍できるように空き時間でできるだけ練習にも参加したいと思っています。
でも、学会やスポーツドクター活動と被った場合はそちらを優先します。

学術活動
スポーツ医学の学会発表と論文に関しては、今年も引き続いて頑張ります。
①②③の空き時間を使って、こちらもしっかりやっていきたいと思っています。

ブログ
ブログも可能な限り、優先順位が上の仕事をきちんとこなしていける範囲で続けていきたいと思っています。
特に5月からは更新頻度が落ちてしまうかもしれませんが、こちらも頑張ります。

私生活
①〜⑤までやっていると、ほとんど私生活にあてる時間はないでしょうね。
今もほとんど病院にいるような生活ですので、あまり変わりはなさそうです。
そろそろ結婚とかも考えなきゃ行けない年頃なんでしょうが、まだまだそーいうことを考えている余裕はなさそうです。

どこまでできるかわかりませんが、今年も限界まで頑張りたいと思います。

おわりに

今日は医学の記事ではなくて申し訳ないですが、新年度初日ということで、昨年度の振り返りと今年度の目標を書いてみました。

みなさんも、新年度で心を新たにしていることでしょうが、優先順位を決めて目標を定めてみてはいかがでしょうか。

来週月曜日から本格的に新年度が始まります。始めの勢いは非常に大切ですから、お互い頑張っていきましょう。

 

本気でスポーツ医学と運動器診療を学びたい人のために!

  • どこにいても(都会でも地方でも)
  • 誰でも(医師・理学療法士・鍼灸師・柔道整復師・トレーナー・学生などスポーツに関わる全ての人)
  • いつでも(24時間)

参加可能な学習・交流の場!!

同じ志を持つ仲間と夢を語り合い、モチベーションを保って学習し、夢を実現させよう!

この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 目指せスポーツドクター , 2016 All Rights Reserved.