2016/10/21

「僕の好きな本田選手の言葉」「夢を叶えるために」「夢ノート」

 
本田圭介

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。

ジェノア戦で1ゴール1アシストで活躍したACミランの本田選手ですが、第25節のベストイレブン、トップ10のどちらにも選ばれましたね。この調子で頑張って欲しいですし、自分も刺激をもらって頑張りたいものです。次回は2月22日に2位のナポリ戦ですね。

今日は「」について考えてみようと思います。その中で、

僕の尊敬する本田選手の言葉
夢をかなえるためにすべきこと
夢ノート

を紹介をしていきます。

はじめに

みなさんには夢がありますか?
ブログを始めた当初から言っていますが、

僕の夢はサッカー日本代表のチームドクターになること!

この夢はこれからもずっと変わらないでしょう。でも、大人で夢を持っている人って意外にあまり多くない気がします。僕の周りでも、ただ何となく医者をしているって人の方が圧倒的に多いです。本当に頑張っているのは「絶対教授になる」とかそんなこと言ってる奴です。

同じ医局の中でも、スポーツをやりたいって言っている人はいっぱいいますが、実際にスポーツに関わる仕事をしている人はほとんどいません。もっと若手の僕がスポーツに関わる仕事をさせてもらっているのになぜなのか?答えは簡単で、そういう人は言ってるだけで何も行動していないからです。

というわけで、今日は「夢」についてちょっと考えてみましょう。

本田選手の卒業文集

本田選手の小学校の卒業文集、見たことありますか?

「将来の夢」
ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

出典:attrip.jp

本田選手は今現在、セリエAのACミランで背番号10を背負って活躍していますね。

小学校の頃の夢を実現させている本田選手は本当にすごいと思います。でも、本田選手にとっては、まだまだ夢の途中であり、現在も努力し続けているのでしょうが。

でも、小学生のとき、みなさんも同じように「夢」を持ってたんじゃないですか?

では、本田選手のように夢を叶えている人と、夢を叶えれていない人は何が違うんでしょう。それは、根本的なところは「夢と本気で向き合っているか」だけの違いなのではないでしょうか。

もちろん、夢と本気で向き合って努力しても、その夢は叶わないかもしれません。でも、夢と本気で向き合って努力すれば、必ず夢には近づきます。そして、夢を叶えている人はみな、夢と本気で向き合ってきた人なのだと思います。

本田選手の言葉

以下、僕の好きな本田選手の言葉を紹介します。
なんか僕にとっては本当にズシんと心に響くものばかりです。

・夢や目標を口にすることは恥ずかしいことかもしれないし、周りの目を気にしてしまうことがあるかもしれないけど、それを口にできる人間に成長してほしい。

・何で他人が俺の進む道を決めんねん。自分の道は、自分が決める。

・挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に変わる。だから成功するまで諦めないだけ。

・俺なんて全然、天才タイプじゃないし。それで才能がないから諦めろなんて言われたらどんだけの人が一瞬で諦めなきゃあかんねん。

・自分の夢、そんなに簡単に諦められるかって話でしょ。

・一年後の成功を想像すると日々の地味な作業に取り組むことができる。

・環境というのは与えられるようじゃダメだ。自分でつくりだすもの。

・(プロフェッショナルとは何か?の問いに)自分と向き合って、自分と格闘して、自問自答して、弱い自分に打ち克って、自分らしく生き続けること。

・「こうなりたい」が「こうでなければならない」に変わる。

どうですか?何かあなたの心に響く言葉がありましたか?

夢を叶えるためには

夢を持つことの大切さは言う必要もないでしょう。夢がなければ普通の日々が普通に過ぎて、普通の人生を普通に終えるだけでしょう。

夢があるから頑張れる!

夢があるから毎日が楽しい!

でも、冒頭でも言った通り、夢を持っていても行動が伴わないと意味はありません。まず、夢を叶えるためには何が必要なのか、そのためにはどうすればいいのか?を考える必要があります。そして、夢から逆算して目標を設定することが大切だと思います。

夢を叶えるためには10年後にこうなっている、5年後にこうなっている、1年後にこうなっている、半年後にこうなっている、1ヶ月後にこうなっているという目標を立てて、さらにそれを実現するための1週間の目標、その日その日の目標を設定します。目標は、具体的で、実現可能なものでなくてはいけません。

1日1日の目標を決めるということは、非常に大切です。今日中に絶対にこれを終わらせるという目標がないと、ついつい「まぁ明日でいいや」と思ってしまったり、何となくだらだらと過ごしてしまう人が多いのではないでしょうか。

僕も間違いなくそんな一人です。というか、その中でもかなり自分に弱い人間に入るでしょう。今までどんだけ誘惑に負けて流され続けてきたことか。

でも、今は夢を叶えるために、10年後の目標、5年後の目標、3年後の目標、1年後の目標を決めて、それを実行できるように毎日の目標を設定するようになり、やっとこんな僕でも日々頑張れるようになりました。実は、このブログを4月まで毎日更新することも日々の目標の一つです。

夢ノート

そんな作業を手助けしてくれる「夢ノート」って知っていますか?

これは、「このノートは皆さんにとって夢を持つきっかけであって欲しい。」という願いのもと、本田選手がプロデュースして発売されたものです。

自分の夢を再確認して宣言し、今日何をがんばるのか、そしてその日の反省を日々書いていくためのものです。本田選手からのメッセージも付いており、挫折しそうになったとき、あきらめそうになったときには、勇気をもらうこともできます。

実際に、僕が現在、使っているのはこちらです。

こちらはビジネスマンのために作られたものですが、コンセプトは同じです。こちらでは、最終的な夢を設定するだけでなく、10年後、5年後、3年後に自分がどうなりたいか、また、1年後の夢や目標を設定して自分自身に宣言します。

そして、そのために月ごとの目標を設定でき、月ごとに本田選手からのメッセージが載せられています。さらに週ごとの目標を設定するページも設けられており、これを達成できるように日々やるべきことを書き出します。また、書いた内容をデジタル管理し、スマホでいつでも確認することができます。あと、本田選手の挫折と努力の足跡を書いたページがあり、疲れたとき・くじけそうになったときはこれをみて勇気をもらうことができます。

もちろん、このノートや手帳を使わなくても、自分自身でノートを作ればそれで十分でしょう。ただ、本田選手が好きな人や自分でノートを作るのがめんどくさいって人はぜひ活用してみてください。

おわりに

「夢」を持って、それに向かって努力し続ける。これって言うのは簡単だけど本当に難しいことだと思います。

実際、それをやり続けられる人はほんの一握りでしょう。でも、それをやり続けた人の中から夢を叶えられる人が出てくるのだと思います。

敵は多いようで実はあまり多くなく、やはり最大の敵は自分自身です。

まず、自分自身に勝って努力し続けられて初めて、夢と本気で向き合っている人たちと戦うフィールドに到達できるのだと思います。自分に弱い僕ですが、夢ノートの力を借りながら、これからも本田選手のように努力し続けられる人間でありたいと思います。

 

関連記事(一部スポンサーリンクを含む)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2016 All Rights Reserved.