CATEGORY 整形外科

疾患

膝関節拘縮の手術|伸展機構・膝蓋骨低位の処置、術後のリハビリ

この記事では、関節授動術を施行しても可動域が十分に得られない場合に行う伸展機構の処置、膝蓋骨低位に対する処置、術後のリハビリについてまとめています。1つの手を打った後に、十分な関節可動域が得られなかった場合に、次なる手を用意しておくことも大切です。また、膝関節拘縮の治療においては術後のリハビリが非常に重要です。

疾患

膝関節拘縮の治療|手術適応と観血的・鏡視下関節授動術とは

この記事では、膝関節拘縮の治療についてまとめています。膝関節拘縮の治療を行ううえで、まずその原因が何なのかについてしっかり病態を把握しておくことが大切です。関節拘縮の原因を踏まえて、手術適応と観血的・鏡視下関節授動術(癒着の剥離)での治療についてまとめていきます。

疾患

膝関節拘縮とは|膝関節拘縮が起こる原因について事細かに解説!

この記事では、膝関節拘縮とは何なのか?そして、その原因についてまとめています。ひとえに膝関節拘縮といっても、どこの部分が原因で拘縮が生じているかを考える必要があります。まずは関節拘縮が生じている原因を考えなければ、それを治療することもできません。この記事で膝関節拘縮の原因から勉強しましょう。

診察

SLRテストとラセーグテスト、ラセーグ徴候、Kernig 徴候の違いとは?!

SLRテスト、ラセーグテスト、ラセーグ徴候、Kernig 徴候についてしっかりと理解できていますか?これらの身体診察は非常に似ており、その手技も意味合いも混乱を招きやすいものです。これらの身体診察について、そのやり方と意味を解説していきます。一度きちんと整理しておきましょう。