CATEGORY 整形外科

疾患

下腿コンパートメント症候群に対する減張切開術の方法

この記事では、下腿コンパートメント症候群の減張切開術の方法についてまとめています。下腿コンパートメント症候群と診断したら可及的速やかに減張切開を行う必要がありますが、診断したのはいいものの減張切開の方法がわからずに対応できないということがないように、この記事で減張切開の方法を確認しておきましょう。

診察

生命維持と蘇生|救急外傷診療におけるABCDEを知っておこう!

この記事では、生命維持と蘇生、そして救急外傷診療におけるABCDEについてお話しします。切迫する死を回避する診察法を身につけるためには、まず生命維持の整理と蘇生の手順を理解しておく必要があります。この記事で、生命維持の仕組みと救急外傷診療におけるABCDEについてきちんと理解しておきましょう。

診察

高エネルギー外傷とはどんな外傷なのか|JATECガイドラインより紹介!

この記事では、高エネルギー外傷とはどんな外傷なのか?について解説しています。高エネルギー外傷の患者さんが救急搬送されてくるという場合は、何か重篤な外傷の可能性があると思って診療に当たる必要があります。この記事で、高エネルギー外傷がどのような外傷なのか今一度、理解しておきましょう。

疑問

カダバートレーニング(cadaver training)とは?参加する方法は?

カダバー、カダバートレーニングってご存知ですか?医療関係者の方でも意外に聞き慣れない言葉だったりします。この記事では、カダバーとは何なのか?カダバートレーニングとは何なのか?について解説するとともに、カダバートレーニングに参加するにはどうしたらいいのか解説していきます。

疾患

膝関節拘縮の手術|伸展機構・膝蓋骨低位の処置、術後のリハビリ

この記事では、関節授動術を施行しても可動域が十分に得られない場合に行う伸展機構の処置、膝蓋骨低位に対する処置、術後のリハビリについてまとめています。1つの手を打った後に、十分な関節可動域が得られなかった場合に、次なる手を用意しておくことも大切です。また、膝関節拘縮の治療においては術後のリハビリが非常に重要です。