【ブログ開設1年11ヶ月】スポーツ関係者との繋がりをもっと大切に|PV数などのブログの現状、今後の方向性

 
スポーツ関係 繋がり

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -

スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

今日は輪番日の日当直ですが、幸いなことにあまり患者さんが来ていません。でも昨日の夜、骨盤の寛骨臼骨折の患者さんが来たので、手術のための勉強を今日は必死にしております。骨盤を後ろから手術しに行ったことはないけど勉強してたらイメージはかなり湧いてきました。

さて、ブログを始めて1年と11ヶ月が経過しました。

あと1ヶ月でブログを始めて2年になってしまうと考えると時の流れって怖いですね。

というわけで、今日は医学系の記事ではありませんが、ブログのPV数やフォロワーなどの現状今後のブログの方向性をお話しするとともに、最近自分が思っていることについても書かせてもらおうと思います。

自分が思っていることって何かと言うと、スポーツ関係者との繋がりについてです。

ブログの現状

まず、このブログのこの1ヶ月のブログの閲覧(PV:Page View)数などの現状です。

先月のブログの訪問者

  • 1日平均PV数:3,658
  • 月間PV数:109,738
  • 訪れた人:69,152人(新規訪問者:74.5%、再訪問者:24.5%)
  • デバイス:スマホ69.3%パソコン25.2%タブレット5.5%

先月ブログのカスタマイズが終わり、今月はちまちまと空き時間にメディアの修正などを行なっていました(まだ途中です)。

ブログのカスタマイズをしたことやリアルが忙しくてブログを更新できていなかったこともありPV数は減少していましたが、最近はいろんなきっかけがあり、またブログをできるだけ更新しようと頑張っているのでここ1週間でのPV数は今まで最高くらいに増えてきています。

ただ、1ヶ月単位で見るとほぼ横ばいです。

続いて、現在のこのブログのフォロー数です。

ブログのフォロー数

  • Facebookいいね! 2,992人
  • twitterフォロワー 542人
  • LINE@フォロワー 326人
  • Instagramフォロワー 78人

PV数と同じく、嬉しいことにここ1週間でフォロワー数がけっこう増えています。

気づけばfacebookいいね!ももうすぐ3,000になります。ちなみに、いいね!を押してないけどフォローしてくれている人も含めたfacebookフォロワー数はすでに3,115になっています。

先月からInstagramへの投稿を開始しましたが、日々少しずつフォロワー数も増えています。

スポーツ医学、整形外科、サッカー、フットサル関連の写真をどんどんアップしてますので(関係ないものもアップしていますが笑)、これらに興味のある方はフォローをお願いします。

問い合わせについて

最近ブログを介しての個人的、企業からの問い合わせが非常に増えており、時間を見つけて何とか返事をしようと試みてはいますが、正直全てに対応するのは時間的に困難な状況です。

問い合わせをしても返事がこないという方が多数いるかと思いますが、本当に申し訳ありません。ただ、日常の仕事、サッカー関連の仕事、自身のサッカー・フットサルをしているとなかなか時間を作れないのが現状です。

企業からの問い合わせは別にして、スポーツ医学・治療・進路などに関する個人的な相談・質問などに関しては今後は有料制のコンテンツを作って対応していこうかなと思っています。

それなら問い合わせの数も限られてくると思いますし、本当に情報を必要としている方に絞られると思いますので、何卒ご了承頂けますと幸いです。

ただし、相談・質問以外の問い合わせに関しましては、なるべく早急に対応できるように頑張ります。

相談コンテンツや外傷・スポーツのオンラインサロンなどを今後ブログを通して展開していく予定ですが、それらに関しては色々な事情があり、来年度くらいから開始できたらなと思って動いています。

 スポーツ関係者との繋がり

さて、話はガラッと変わりますが、最近自分が思っていることを書いていこうと思います。

何の話かというと、スポーツ関係者との繋がりを大事にしていきたいという話です。

僕は仕事においてはコメディカルとは上手く付き合っている方だと思っています。日々の臨床でも、リハビリテーションやトレーニングに関して理学療法士、作業療法士、アスレチックトレーナーの先生に教えてもらうことが多いし、逆に手術や後療法の内容に関してはこちらが教えたりすることもあります。スポーツ現場でも、僕はトレーナーの先生のことを尊敬して対応しているし、実際により現場にいてくれるトレーナーの助けなしにはチームをサポートするのは難しいと思っています。

しかし、色々な方の話を聞いていると、ドクターとトレーナーなどの関係がうまくいっていない、むしろストレスになっているという話を多々聞くことがあります。一般的な整形外科医と接骨院の先生の関係も同じような感じがします。

まあここら辺の話は、以前自分の思っていることを書いたことがあるので今回は置いておきます。

僕は、監督やコーチなどのチームスタッフをはじめ、トレーナーやスポーツ栄養士など、リアルでもネット上で知り合った関係でもあらゆるスポーツ関係者の人たちとの繋がりをもっともっと大切にしていきたいと考えています。

まず何より、職種は違えど同じスポーツ好きの人との絡みは楽しいものです。同じスポーツでも、見方によって見える世界は全然違います。こういう違いを知れるのも楽しいものです。

また、スポーツドクターとしてやっていくうえで、知っておかなければならない知識、実はあまり知らないけど対応しなくてはならない場面はたくさんありますが、ぶっちゃけ全部自分で勉強して実践するのには限界があります。

そんなときにトレーニングの専門家、栄養の専門家、メンタルの専門家など各分野の専門家に聞いて教えてもらえる関係があるとしたらどんなに素晴らしいことでしょう。また、スポーツ現場の現状・考え方などは実際のチームスタッフに聞くのが一番よくわかるでしょう。

というわけで、僕は今後リアルの仕事のスポーツ関係者はもちろん、ブログを通じて知り合ったスポーツ関係者とももっともっとお互いに教え合ってお互いに高められるような関係を作っていきたいなと思っています。

なので、最近はtwitterやfacebookなどでも同じような考えを持ってくれている人とは積極的に絡むようにしています。同じように考えてくれるスポーツ関係者の方はぜひtwitterやfacbookでコメントなどして頂けたら、こちらも積極的に絡ませてもらいます。また、それが嫌な場合は遠慮なく言ってくださいね。

今後ともよろしくお願いします。

 

関連記事(一部スポンサーリンクを含む)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2017 All Rights Reserved.