踵部脂肪褥炎|中高年〜高齢者に起こる踵の痛みの原因疾患として知っておこう!

 
踵部脂肪褥炎

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -

スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

今日は24時間の当直明けの日曜日でした。まだ踵は痛くてプレーできないので、フットサルの練習試合は筋トレしながら見学。その後は髪を切りに行って、テーピングを買いに行って、この週末にやりたかったことは完遂しました。あとは、骨盤骨折の手術の勉強して寝よう。

先日、アスリートに起こる踵の痛みの原因としてHeel Fat Pad Syndrome(ファットパッド症候群)について記事にしましたね。

今日は同じく踵の痛みを引き起こす原因となる踵部脂肪褥炎についてまとめようと思います。ネット上に存在するほとんどのサイトで踵部脂肪褥と間違った病名で記載がされている疾患です。

Heel Fat Pad Syndrome(ファットパッド症候群)と似た疾患なので併せて覚えておきましょう。

踵部の解剖

今回も、まず踵骨脂肪褥炎に関与する踵部の解剖からお話しします。

踵骨の下には踵部脂肪体(Heel Fat Pad)という脂肪のかたまりが存在していて、体重がかかる際の衝撃吸収に寄与しています。

知っておいてほしい解剖は前回とほぼ同じです。

踵部脂肪褥炎とは

踵部脂肪褥炎(Heel Pad Lesion)とは、この踵部脂肪体の弾力性が低下し、踵骨隆起下縁部が直接地面に着いてしまうことによって荷重時に同部位に痛みが生じる疾患です。

ネットで検索すると、病名が踵部脂肪褥炎ではなく踵部脂肪褥となっているものばかりですが、論文でも使用される正式な病名は踵部脂肪褥炎です。

この踵部脂肪褥炎とHeel Fat Pad Syndromeという病気を合わせて有痛性踵パッドとも言います。

Heel Fat Pad Syndromeは若年〜中高年に生じますが、踵部脂肪褥炎は中高年〜高齢とその発生年齢は比較的高いのが特徴です。

原因

原因としては以下のようなものが考えられます。

  • 加齢
  • 関節リウマチ、全身性エリテマトーデス(SLE)、糖尿病、痛風などの軟部組織に変性をきたす疾患

ここもHeel Fat Pad Syndromeとの鑑別点になります。

症状

体重をかけると踵骨隆起下縁部に痛みが走ります。

同部位に圧痛を認め、これが踵部全体に圧痛を認めるHeel Fat Pad Syndromeとの鑑別点になります。

特に、裸足で歩いたり、固い地面の上を歩くことで痛みが増強します。

また、踵骨隆起下縁部の踵部脂肪体の弾力性低下により、踵骨隆起下縁部が容易に触知できることも特徴です。

治療

治療は基本的に保存的治療を行います。

踵部脂肪体の弾力性が低下していることが原因なので、下のようなヒールカップを使用し、踵部の弾力性をサポートします。

また、テーピングを行い、踵部の支持性をサポートすることも非常に有効です。

田中らは、以下のテーピング方法はこの疾患の治療に非常に有効であることを報告しています。

テーピングの方法

  1. アンダーラップを設置
  2. 38mmホワイトテープを用いてアンカーを設置
  3. 踵部を側方より圧迫するようにアンカー内側より外側へ二重にテープを設置
  4. 再びアンカー部をロックにて固定

また、踵部脂肪体の変性の原因となる関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、糖尿病、痛風などの原因疾患が存在する場合は、そちらの治療も並行して行う必要があります。

おわりに

以上、中高年〜高齢者の踵部の痛みの原因となる踵部脂肪褥炎についてお話ししました。

Heel Fat Pad Syndromeと同じく意外に聞きなれない病気だと思いますが、これを機に知っておきましょう。

また、同じような踵部の痛みを引き起こす疾患として他に足底腱膜炎などもありますので、こちらもまた記事にします。

 

関連記事(一部スポンサーリンクを含む)

 
この記事を書いている人 - WRITER -

スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2017 All Rights Reserved.