2017/10/07

足の外科のおすすめ教科書|用途別のおすすめ教科書が見つかる!

 
本 ハート

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -

スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

このブログを始めて1週間半ほど経ちました。まだまだブログに関しても勉強しながら試行錯誤しているので、日々ブログの見た目が変わっています。よかったらどこが変わっているか探してみてくださいね。意外にそんな細かな変化を感じてみるのも楽しいかもしれません。

今日やっと本などを紹介できるようにブログが進化したので、さっそく第1回を書いていこうと思います。

まず、僕が興味のある分野である足の外科のおすすめ教科書を紹介します。

足の外科は近年、急速に発展してきた分野であり、足の外科の疾患に関する知識や診察方法などはまだ十分に周知されていない部分もあります。また、足の外科は非常に難しく、多くの知識を必要としますが、なかなか勉強する機会はないと思います。

僕は上司に足の外科を専門にしている先生が数名いらっしゃるので、足の外科の疾患の診療や手術に立ち会う機会が多いですが、足の外科に関してはあまり知らない、足関節鏡なんて見たことがないという先生もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、そんな足の外科を勉強するためのおすすめ教科書を紹介していきたいと思います。

足の外科全般の教科書

まず、足の外科全般を学ぶための教科書を紹介します。

最初に紹介するのはこの教科書です。

この教科書は、足の外科のバイブル的な教科書です。

足の外科のメッカである奈良県立医科大学および関連病院が所有する豊富な足の疾患・外傷所見で構成された成書であり、日本整形外科学会の専門医試験の参考図書のひとつに加えられています。

「扁平足」や「外反母趾」、「足関節鏡」など昨今の治療発展がめざましい項目を中心に最新の知見を揃え、足部の各種疾患・外傷およびその治療についてカラー写真とイラストで見やすく、わかりやすく提示してくれています。必ずや足の診療に当たる先生の手助けとなる一冊だと思われます。

足の外科を勉強するために最初に揃えるべき教科書と言えるでしょう。

足の外科全般を学ぶための教科書をもう一冊紹介しておきます。

こちらも足の外科全般を学ぶためにおすすめの教科書です。

足部・足関節の手術アプローチに必要な解剖、問診の取りかたや診察手技の基本、足底装具の処方とチェックや靴選びのポイントなど保存的治療の基本、そして、アキレス腱断裂や足関節靭帯損傷などの外傷、外反母趾や扁平足などの変性疾患に至るまで、足の外科全般について詳細に勉強することができます。

足の外科の手術

次に、足の外科領域の手術の教科書です。

OS NOWシリーズはご存知の方も多いでしょう。この教科書はそんなOS NOWシリーズの1冊です。僕は研修医2年目のときに購入しました。

この教科書では先天性の内反足に始まり、成年期に見られる変性疾患と外傷(骨折・腱損傷など)、高齢者が適応となる関節固定術などについても項目を設けられており、その主要な疾患と手術で構成されています。

手術手技の基本的な流れの解説はもちろん「手術のコツと注意点」「トラブルシューティング」が随所に掲載されており、術中トラブルや合併症への対処法なども解説されています。また、足関節OAと外反母趾についてはそれぞれ複数の手技が載っています。

足部の疾患ついての手術が集約された1冊であると言えるでしょう。

続いて、新しいOS NEXUSシリーズの教科書です。スポーツ選手が起こしやすい疾患が取り上げられていますが、足関節・足部の疾患だけでなく、股関節に関しても一緒にまとめられています。

足関節・足部では、靱帯再建術やインピンジメント症候群に対する手術や脱臼、疲労骨折、軟骨損傷の手術を鏡視下手術を中心に解説してくれています。さらに、種子骨障害や足底腱膜炎、アキレス腱症など足関節・足部で起こりうる疾患を余すところなく取り上げ解説しています。

保存療法が主流である中、手術に踏み切るタイミングから術後スポーツ復帰の目安まで、経験豊富な著者が随所にコツをちりばめながらわかりやすく解説してくれています。また、電子版が付いているので手軽に繰り返し読めるのも大きなメリットと言えるでしょう。

足の外科領域でスポーツ関連の仕事をしたいなら持っておくべき教科書だと思います。

足関節鏡手術

続いて、足関節鏡手術を学ぶための教科書を2冊紹介します。

足の鏡視所見は膝と違って真っ白な世界であり、予習してないとまったくわからないという事態に陥る可能性があります。足関節鏡における各手術部位でのポータルの作成位置や実際の鏡視所見などを教科書で確認しておくとよいでしょう。

僕は、足の関節鏡手術に関して勉強するときはこの教科書を使っています。

奈良医大の田中先生が編集された教科書であり、実際の手術の際の細かい注意点が、著明な先生方の分筆で書かれていて、非常に参考になります。さらに、解剖の写真や、最近流行りのエコーにも言及されています。

足関節鏡を学びたいという方には、ぜひともおすすめの1冊です。

もう1冊の足関節鏡手術の教科書がこちらです。

こちらは日本足の外科学会教育研修委員会機能解剖セミナー班の先生方が執筆され、帝京大学の高尾先生が編集された教科書です。

この教科書は、正確な術前診断に基づき、イラストレイテッドにフローチャート形式で関節鏡の正しい手技が習得できる足関節内視鏡手術の指南書であると言えるでしょう。

この2冊はどちらも足関節鏡手術を学ぶための非常にいい教科書です。どちらかお好みの方を使えばいいと思います。

足の画像診断

そして、足の画像診断の教科書です。

足の撮影には、その疾患ごとに最適な撮影方法があります。放射線科医のいない施設でも、十分なクオリティで撮影できるように撮影方法に関しても解説されています。

また、この本の大きな特徴は足の外科の疾患ごとに特徴的な観察すべき構造物の走行をふまえて、それらが最もよく見える画像が掲載されていることです。スポーツ外傷や外傷性疾患の項目もあり、当然スポーツドクターとして必要な知識にも繋がります。

足の外科学会のときに購入したのですが、もっと早く使っていればよかったと後悔しています。この本は非常にいい本であり、足関節の画像診断を学びたい方にはぜひともおすすめしたい1冊です。

足の外科を気軽に勉強した方向けの教科書

あと、いわゆるお堅い教科書ではなく、足の外科について気軽に勉強したいという方におすすめの教科書を紹介しておきます。

足の治療には「靴」と「足底板」が欠かせません。この教科書では、どう考えて靴を選び、どのように足底板を作るか、医者だけでなく、看護師、装具士、シューフィッター、さらに患者さんにも役立つように書かれています。

日常診療での理解に役立つよう浅く広く足部疾患が紹介されており、足診療に対する考え方やちょっとポイントや散りばめてあって、飽きなく読み切ることができます。

上と同じシリーズの教科書で、こちらは手術手技について書かれています。

こちらも、著者の臨床家としての豊富な体験を踏まえた上での愚痴や皮肉が非常に楽しく飽きなく読めることでしょう。

最後にこの教科書です。理学療法士の方向けに書かれた教科書ですが、足と靴にクローズアップした非常に興味深い一冊です。

足と靴は切っても切れないものであり、足の外科を専攻するならば患者さんに合わせた靴の選び方、靴下の選び方、足底挿板の処方、靴の履き方について勉強しておく必要があります。

足部の解剖学的知識、運動学的知識はもちろん、皮膚の状態、アライメントも適切に評価し、それに合わせた靴や靴下、インソールの指導をしなければなりません。この教科書では写真やイラストで根拠も提示しながら、すごく分かりやすく学ぶことができます。

足の外科の英語の教科書

最後に、足の外科の英語の教科書を紹介しておきます。

医師にとって英語は論文を読んだり、書いたりする上で必ず必要です。意味の知らない単語や言葉の言い回しを調べる時間を減らすためにも、少しでも慣れておいて損はありません。

これは、世界中で使用されている足の外科領域の解剖の教科書です。

昔からある有名な教科書の第3版で、足の外科における必須の教科書となっています。足の外科医に必要な解剖が驚くほど詳細に書かれています。足の外科領域の解剖と英語を同時にしっかりと勉強したい方におすすめの教科書です。

続いて、こちらの教科書は足関節鏡の世界的な教科書です。

21年ぶりの改訂となる第2版が2016年に出版され、近年の足や足首の外科手術における関節鏡の使用に影響を与えている発展についても詳述されています。足関節鏡と英語をしっかりと勉強したい方におすすめの教科書です。

そして、足の外科の手術に関する教科書がこちらです。

足の外科の手術手技について英語で勉強したい方におすすめの教科書になります。

これが最後に紹介する教科書になります。

これは、上記3つの教科書よりもボリュームが少なくとっつきやすい英語の教科書になります。僕はこの教科書を英語の勉強と興味のある足・足関節の勉強をかねて研修医のときに読みました。

1つ1つの内容はそんなに深くなく、割とすぐに読めるので英語があまり得意でない方の導入の教科書としてよいかと思います。それでも、足・足関節全体としてのAnatomyやBiomechanicsなどの包括的な内容までこの教科書で勉強することができます。

さいごに

以上、今回は足の外科のおすすめ教科書を紹介しました。

足の外科は近年、急速に発展してきた分野であり、足の外科の疾患に関する知識や診察方法などはまだ十分に周知されていない部分もあります。また、足の外科は非常に難しく、多くの知識を必要としますが、なかなか勉強する機会はないと思います。

そういう場合は、まず教科書でしっかりと勉強しましょう。

まあ何はともあれ、日々勉強することのどれだけ多いことか。勉強してもしても新しく勉強することが湧き出てきます。若手だから当たり前なんでしょうが、前線でやっていくためには、結局医者はいつになっても日々勉強なのかなと思います。

この記事が足の外科の教科書を探している方の参考になれば幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2015 All Rights Reserved.