サッカー日本代表チームドクターを目指す整形外科医のブログ

目指せスポーツドクター

カテゴリー

検索

twitterフォロワー1700人突破!ツイートもチェック!

サッカーとスポーツ傷害|サッカーに多いスポーツ外傷・スポーツ障害とは

WRITER
 
サッカー ボール スパイク
Sponsored Link
Sponsored Link
この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

今日は1日、地方の診療所に検診に行っていました。特に重要な仕事はしていないのですが、空き時間にエコーを自分の体や後輩に当てて遊んでいました。エコーももっともっと使えるようになりたいですね。

さて、昨日はスポーツ傷害に関してまとめました。

日常診療やマッチドクターなどのスポーツ現場では、各競技種目に見合った対応、対処、治療が必要になってきます。

サッカーはゴールキーパー以外は手以外のあらゆる体の部位を使い、ダッシュ、ジャンプ、スライディング、サイドステップ、急激な方向転換、またサッカー特有のキック動作などを相手と繰り返しながらプレーをします。

このような特殊な動作を有するサッカーは、当然ながら他のスポーツと異なる傷害分布の特徴を有します。

今日はその中でもサッカーに特有なスポーツ傷害に関してまとめてみたいと思います。

サッカーとスポーツ外傷

2011年のJリーグの傷害報告(図1)によると、J1とJ2の試合で復帰までに1週間以上を要した外傷の数は562例であり、そのうち下肢が332例で59.1%を占めています。(池田浩ら. 日本体育協会スポーツ科学研究報告集2011年度 2012)

この内訳は、大腿100例、足関節89例、膝関節68例、下腿44例の順となっています。

Jリーグ図1 Jリーグ傷害報告(2011年、J1・J2リーグ)

大腿では肉離れなどの筋損傷48例と打撲48例でそのほとんどを占めています。

足関節では捻挫靭帯損傷が63例が最も多く、膝関節でも靭帯損傷が31例とその多くを占めていました。

このようにサッカーの外傷は下肢に多いというのは容易に想像できると思いますが、頭頚部の外傷が131例と比較的多く、外傷全体の23.3%を占めており、思っていたより多い結果でした。

しかし、この傾向はこの年だけ特有の結果ではなく、Jリーグができてからの20年間、毎年同じような結果となっているようです。

女子プロサッカーのなでしこリーグでは、2011年の試合中に生じた復帰までに1週間以上を要した外傷は30例が報告されています。

その発生部位は足関節8例、大腿6例、膝関節5例、下腿3例、その他8例という結果で女子サッカーでも当然のことながら外傷の76.7%は下肢に発生していました。

その内訳は、挫傷14例(46.7%)、靭帯損傷11例(36.7%)、骨折2例、肉離れ1例であり、男子に比べて靭帯損傷の発生率が高い結果でした。これは前回の記事にも書きましたが、女子特有の関節弛緩性(Laxity)が関与していると思われます。

フットサルとスポーツ外傷

ついでにフットサルのFリーグの外傷の統計も載っているので見てみましょう。

外傷の報告数は全体で74例で、頭頚部12例、上肢6例、体幹9例、下肢47例でした。

発生部位はサッカーと同様に下肢(63.5%)に多く発生していますが、足部・足趾の割合がその中の17.0%(8例/47例)とサッカーの10.9%(15例/138例)より高くなっているのは、競技特性が出ているのかもしれません。

また内訳をみてみると、挫傷が60%以上を占めており、小さなフィールドで相手選手とのコンタクトプレーが多いため、挫傷の割合が高くなっているものと考えられます。

サッカーとスポーツ障害

サッカーに多いスポーツ障害としては、フットボーラーズアンクル膝蓋腱炎(小児であればオスグットシュラッター病)、Jones骨折などが有名です。

膝蓋腱炎はウッチーことサッカー日本代表DF内田篤人選手が悩まされていますし、Jones骨折は前回記事にしたようにサッカー日本代表MF清武選手が受傷したことは記憶に新しいですね。

フットボーラーズアンクルは、足関節の底屈位でのキック動作による繰り返される関節包の伸展やボールを蹴るときに加わる繰り返される関節包への直達外力による足関節前方の障害、繰り返される背屈強制により骨棘形成と前内方のインピンジメント、足関節内反捻挫による足関節内果と距骨内側の関節面の衝突、足関節不安定性による繰り返される内反捻挫などがその原因と考えられています。
(McMurray TP : J Bone Joint Surg 1950)
(Tol JL, et al.: Am J Sports Med 2002 )
(O’Donoghue DH : J Bone Joint Surg 1957)

フットボーラーズアンクルと膝蓋腱炎に関してはまた、別の機会にしっかりとまとめたいと思います。

おわりに

以上、今回はサッカーとスポーツ傷害に関してまとめてみました。

自分のやっている競技は怪我との関連もイメージできるから面白いですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 目指せスポーツドクター , 2015 All Rights Reserved.