2017/09/16

腰椎分離症の病期分類とスポーツ復帰までの期間、治療戦略を紹介!

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

今日は大学のサッカー部の追いコンで、午後からはサッカーの試合をしてきました。今年の卒業生は僕が5年生のときの1年生ですね。時間が経つのは早いなぁと思います。この後、飲み会があるので、先に記事だけアップしておきます。

さて、では昨日の続きで「腰椎分離症」についてやっていきましょう。

前回は腰椎分離症とはどんな病気なのか?また、その症状・画像診断について解説しました。

今回は、病期分類、スポーツ復帰までの期間・治療に関してまとめています。

腰椎分離症では、その病期により予後が把握でき、それによってスポーツ復帰までの期間や治療方針が変わってくるため、まずしっかりと病期分類をすることが大切です。この記事で、CT、MRIを用いた病期分類をしっかりと理解しておきましょう。

病期分類

では、さっそく見ていきましょう。

腰椎分離症は、単純X線像ないしCT像(図1)により以下のように分類されます。

腰椎分離症の病期分類

  • 初期
    関節突起部が不規則なヘアラインあるいは透亮像を呈する。
  • 進行期
    亀裂が明瞭化する。
  • 終末期
    偽関節様の骨硬化像を呈する。

腰椎分離症 CT 病期分類
図1:CT像による病期分類

MRIを用いた予後予測

上記の病期分類において、保存療法で骨癒合が得られる可能性があるのは初期進行期です。

また、

MRIのT2強調像における椎弓根部の高輝度は骨癒合の可能性が高い

ことを示す所見とされており、MRIで評価することが重要です(図2)。( Sairyo K, et al. Spine. 2006 )

分離初期と進行期の一部がこれに相当し、このような症例では骨癒合を目指すための治療を行います。

腰椎分離症 MRI
図2:MRI T2強調像(椎弓根部で高輝度変化を示している)

単純レントゲンで「スコッチテリアの首輪」を認めた場合、鮮明な分離があることを示しており、すでに偽関節に進行している終末期の可能性が高くなります。

MRIのT2強調像で高輝度変化を認めない終末期の場合は、保存療法では骨癒合が望めない状態であるため、対症療法が中心となります。

分離部に骨癒合が得られなかったとしても、基本的には予後良好であり、必ずしも腰痛の発生やスポーツ活動の制限につながるわけではありません。しかし、将来的に腰椎すべり症となり、腰椎を生じたり、下肢の神経症状が出現する可能性は知っておいた方がよいでしょう。

治療とスポーツ復帰までの期間

では具体的な治療方法を確認していきましょう。

骨癒合が望める症例

MRIのT2強調像で高輝度変化を認める症例に対しては、骨癒合を目指すため治療を行います。

具体的には、体幹装具(コルセット)の装着と、最低3ヶ月のスポーツ活動の休止を指示します。

3〜6ヶ月後に再度、CT検査を行い、以下のように対応します。

  • 骨癒合が得られている→ストレッチング指導、スポーツ復帰
  • 部分的骨癒合があり、完全な骨癒合が期待できる→治療を継続し、3ヶ月後にCT再検
  • 6か月後、分離があり骨癒合の可能性がない→ストレッチング指導、スポーツ復帰

骨癒合が望めない症例

MRIのT2強調像で高輝度変化を認めない症例、成人(大学生以上)の症例に対しては、上述の通り対症療法を行います。

具体的には、薬物療法リハビリテーション分離部ブロック伸展を制限する体幹装具などによる保存的な疼痛管理が主体となります。

多くの場合は、対症療法にて競技可能な程度にコントロール可能ですが、保存療法に抵抗し、スポーツ活動や日常生活に著しい支障をきたす場合は手術治療を考慮する必要があります。

手術療法は、腰痛のみの症例では分離部修復術(偽関節手術)が、下肢痛が主体の症例では分離部除圧術が適応となります。そして、高度の不安定性やすべりを伴う症例では椎間固定術が選択されます。

おわりに

以上、今回は腰椎分離症の病期分類、スポーツ復帰までの期間・治療に関してまとめました。

腰椎分離症では、その病期により予後が把握でき、それによってスポーツ復帰までの期間や治療方針が変わってくるため、まずしっかりと病期分類をすることが大切です。この記事で、CT、MRIを用いた病期分類をしっかりと理解しておきましょう。

次回、保存的に治療する場合のリハビリテーションや予防方法、そして、スポーツ現場での対応についてまとめる予定です。明日のfacebook、LINE、twitterで紹介します。

 

関連記事(一部スポンサーリンクを含む)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2016 All Rights Reserved.