「プリカ(plica)とは?」膝関連のよくわからない単語

Sponsored Link

どうも、こんにちは。

今日は関連病院に手術勉強に行って、膝関節鏡手術を3件やらせて頂きました。
内側半月切除2例とACL抜釘に伴う鏡視でした。
最近感じること。
自分は本当に関節鏡のセンスがないってこと。
いつも上級医の先生の手術を見させて頂いてるし、自分で勉強はしているので、こうしたらいいというイメージはあるのですが、関節鏡も反対手での操作もイメージ通りに全然できない。
センスがなくて嫌になりそうなときもありますが、そんなときは尊敬している本田選手の言葉を思い出します。

1年後の成功を想像すると、日々の地味な作業に取り組むことができる。

センスがないのはわかってますが、上手くなるには地道にやり続けるしかありません。
挫折してしまわずに努力し続けて、絶対できるようになってやります。
上級医の先生も最初は下手だったんだと自分に言い聞かせてやります。

さて、今日は第1回あっさり系の記事にさせてもらいます。
今日の手術中もそうですが、よく膝関節鏡手術中に「プリカ」って言葉を聞くことがありますが、きちんと調べたことがなかったのでまとめておきます。

Sponsored Link

plicaとは

膝関節鏡手術のときに「プリカ」って言葉を聞くことはありませんか?
実はわかっていないのに「そうですね。」って適当に言っていませんか?

プリカとは英語の「plica」のことを指します。
plicaは日本語では「ヒダ」を意味します。
つまり、膝関節内の「滑膜ヒダ」のことを言うわけです。
滑膜ヒダが棚のように張りだして見えるので、「タナ」とも呼ばれています。

滑膜ヒダとは

では、滑膜ヒダとは何でしょうか?

膝関節は発生途中でいくつかの滑膜による隔壁により分割されていますが、生下時には単一の関節腔となります。
この滑膜隔壁の遺残のことを滑膜ヒダ(タナ)といいます。

頻度の高いものに、以下の3つがあります(図1)。

膝蓋上滑膜ヒダ(suprapatellar plica)
内側滑膜ヒダ(mediopatellar plica)
膝蓋下滑膜ヒダ(infrapatellar plica)

滑膜ひだ プリカ plica
図1:膝関節の代表的な滑膜ヒダ(タナ)

いずれも正常構造であり、薄く軟柔性に富み、臨床的には問題とはなりません。
関節鏡で観察すると、白色の膜様構造として見られます。
しかしながら、繰り返す機械的刺激などにより反応性滑膜が生じ、ヒダの肥厚や瘢痕化が進行すると症状が出現する場合があります。

タナ障害」って疾患は聞いたことがあるのではないでしょうか?
これは、一般的には内側滑膜ヒダによる障害のことを指すことが多いです。
「タナ障害」に関しては、また別の機会にきちんと取り上げます。

おわりに

今回は膝関節内の「滑膜ヒダplica)」に関して取り上げました。

働いていると、よく聞くけど実はよくわかっていない言葉って存在しますよね。
そういう単語に関しても、今後あっさり記事のときに取り上げていこうと思います。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。