2017/09/01

肉離れをはじめとした筋損傷のスポーツ現場での初期対応

 
ジム トレーニング

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

今日は祝日ですね。ありがたく仕事を進めたいと思います。論文がたまってきています…。

さて、前回まで、筋損傷、特に肉離れのメカニズムや特徴、診察・診断について勉強してきました。

今回は肉離れをはじめとした筋損傷にスポーツ現場で出会ったときの対応と治療に関してまとめます。

実際にスポーツ現場で筋打撲傷や肉離れなどの筋損傷に出会ったら、もしくは自分が受傷したらどうしたらよいのかについて勉強しましょう。筋打撲傷と肉離れに分けてまとめていきます。

筋損傷は初期対応が非常に重要になってきますので、実際に現場で出会ったときにどう対応したらいいのかしっかりと確認しておきましょう。参考になれば幸いです。

筋打撲傷の初期対応

医者

サッカーをやっている方なら、大腿前面の筋打撲傷は受傷したことがあるのではないでしょうか。第1回の記事で筋打撲傷のことを「ちゃらんぽ」と書きましたが、「モモカン」とも言うそうで、御指摘を頂きました。

筋打撲傷では、衝撃の大きさが筋損傷の程度に直結します。損傷部から出血が血腫や浮腫を形成し、筋が腫脹して伸展制限を起こします。このため大腿前面(中間広筋)の打撲では、損傷の程度(血腫の大きさ)によって膝関節の屈曲が制限されてきます。

したがって、

筋打撲傷が起こったときの適切な処置は、打撲後の出血を最小限に留めることが大切です。

そのために最も重要なのは、受傷後できるだけ早期に膝関節を屈曲させることです。

膝屈曲を保持することにより、損傷した筋の緊張を高め、血腫形成を抑制します。実際には、受傷直後の膝関節屈曲角度を120°まで獲得できれば数日の安静でスポーツ復帰が可能であると言われています。

これに対して、受傷後の膝屈曲が90°以上不可能な場合には、復帰には3週以上を必要とすることが多いです。

筋打撲傷を受傷したら、直ちに練習や試合を中止し、膝関節を可及的に屈曲し固定することが大切であるということを覚えておきましょう。

(以上、奥脇透.総合診療.2015より引用)

肉離れの初期対応

実は、肉離れは選手が軽症であると勝手に判断して医療機関をを受診しない場合が多く、医療機関に受診した患者の多くはⅡ型損傷であると思われます。

多くの場合、選手は2日程度、自己判断によって競技を中止し、自発痛が改善すれば競技復帰するということを繰り返し、それでも改善しないために医療機関を受診します。このような場合、当然ながらtotalでの治療期間は長くなってしまいます。

というわけで、

スポーツドクターやスポーツトレーナーは当然ですが、選手自身も自分で肉離れの重症度をある程度把握できるべきでしょう。

では、具体的にみていきましょう。

スポーツ現場では、受傷直後にストレッチ痛を確認することが大切です。

筋腱移行部損傷の程度を最も強く反映しているのがストレッチ痛であり、この有無によって軽症か否か(Ⅰ型かⅡ型以上か)に分けることができるのでしたね。

ここら辺の内容は、以前の内容とも重複しています。

参考までに、肉離れで1番多いハムストリングを損傷した場合には、下図のようにストレッチを行います(図1)。

肉離れ 診察
図1:ハムストリングを痛めた場合のストレッチ

肉離れの初期対応

  • ストレッチ感覚があり、痛みも軽度→Ⅰ型と判断

この場合には、まずRICE療法を行い、ストレッチ痛の経過を見ながら、早期からリハビリテーションを行っていきます。

  • ストレッチ痛が明らかなもの→Ⅱ型以上を疑う

この場合には、可能であれば早急に医療機関を受診させてMRIを撮影します。当然ながら、Ⅱ型以上の場合でも、急性期のRICE療法が重要なのは言うまでもありません。

おわりに

以上、今回は肉離れをはじめとした筋損傷にスポーツ現場で出会ったときの初期対応に関してまとめました。

筋損傷を受傷した選手に出会ったとき、自分が筋損傷を受傷したときの参考になれば幸いです。

特に、肉離れは痛みは取れやすいが違和感として残り再発しやすい疾患です。

再発すると、さらに時間を要することになるため、復帰時期は慎重に判断する必要があります。

 

関連記事(一部スポンサーリンクを含む)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2015 All Rights Reserved.