2017年が終わるまでにやっておきたいことのまとめ

 

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること!仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい!日々の勉強のため、また、同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思いブログを書いています。➡︎詳しいプロフィールはこちら

よせやん

この記事を書いている人 - WRITER -

スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

11月と12月の月替わりはなぜかものすごく忙しくバタバタしていましたが、今日は当直明けということで久しぶりに夜8時くらいにフリーになりました。とか言いながら、9時から個人参加のフットサルに行こうと思っているのですが。笑

今年の途中からは仕事の次の優先順位がフットサルになっていて、フットサルもなければブログを書いたいり勉強したり、たまに飲みに行ったりという感じになっています。フットサルが上手くなってるわけではなくて、昔の動きができるように戻ってるだけなのかもしれませんが、働きだしてから今が一番動ける気がします。

というわけで、今日はフットサルまでの時間つなぎに2017年が終わるまでにやっておきたいことのまとめを備忘録として書いておこうかと思います。

①教科書を買う

まずは買おう買おうと思って後回しにして買ってなかった教科書をきちんと買っておこうと思います。

今年は何か困ったことがあったときにすぐ調べることができるようにしておくため、教科書の重要性を実感した年でもあり、また、教科書に関する情報が非常に増えた年でもありました。

その理由の1つは、上の先生に頼らずに自分で考えることが圧倒的に増えたからだと思います。

手術の術式についても、どのインプラントを使うかに関しても、後療法についても、周術期の合併症のコントロールについても全てにおいて自分でしっかりと考える癖がつきました。

もちろん、上の先生に頼らせらせてもらうことも多いですが、下地となる知識があってアドバイスを聞くのと下地となる知識がないのでは意味が全く異なります。

それと、いい意味でも悪い意味でも上の先生が言っていることだからと言って、その内容が必ずしも全て正しいというわけではないということですね。

結局、治療を行なって、最終的に患者さんに対する責任を取るのは自分なわけですから、何か患者さんに不都合が生じたときに「この先生の言った通りにしたから僕は悪くない」なんて言い訳は通じません。

知識を確かめる意味でも、知識を固める意味でも自分で再確認するという作業は非常に大切

だと思います。

そういう観点からも、困ったときにさっと調べることができる教科書という装備を整えているかどうかで、医者として困ったときに的確に対応できるかどうかの対応力が変わってくると言っても過言ではないと思います。

ただし、もちろん読まない教科書、参考にならない教科書を読んでいても意味ありませんから、しっかりと情報収集をして自分に必要だと思う教科書のみを集めていきましょう。

というわけで、僕も今年必要性を感じた教科書については忘れないうちに買って揃えてしまおうと思います。

②周術期管理についてまとめる

上で述べたこととも関連してきますが、今になって周術期管理の重要性を再認識して、再度勉強しているところです。

ブログの記事にまでできるかどうかは別として、

  • 糖尿病の管理
  • 高血圧の管理
  • 感染症の管理
  • 脳梗塞・脳出血合併時の管理
  • 状態が悪化したときの管理
  • 創の管理

については、再度しっかりとまとめておこうと思います。

これらのことについては、いずれまたブログでも記事にしようかと思います。

ふるさと納税

今年も気づいたら12月です。

ふるさと納税の納付期限は12月31日なので、今年も忘れずにやっておきたいと思います。やらないとただ税金を搾取されるだけですからね。

ふるさと納税については昨年ブログでも記事にしたので、何それ?っていう方は下の記事を参考にしてみてくださいね。

年賀状を書く

最後は年賀状を書くことですね。

同世代の先生とは基本的にお互いに年賀状は出さないですが、やはり年賀状という文化が撤廃されない限り、お世話になっている上の先生に年賀状を書かないわけにはいきません。

毎年年末ギリギリになって慌てて書く羽目になるので、今年は余裕を持って年賀状を書けたらなと思います。

おわりに

以上、今回は2017年の間にやっておきたいことについて備忘録としてまとめておきました。

やらなければいけないことを書き出しておくと忘れてしまう確率がグッと下がるのでいいですね。

12月はまだ海外でのcadaverもあるし、フットサルのリーグ戦も残っているし、忘年会が色々とあるし、毎年おなじみなように忙しくなってしまうかと思いますが、とりあえず今年はここに書いたことだけは確実にやってしまおうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

スポーツドクターを目指す若手整形外科医です。

Copyright© 目指せスポーツドクター|サッカー日本代表チームドクターを目指して , 2017 All Rights Reserved.