サッカー日本代表チームドクターを目指す整形外科医のブログ

目指せスポーツドクター

カテゴリー

検索

twitterフォロワー1300人突破!

後脛骨筋の解剖学的知識まとめ|作用から起始・停止・支配神経まで全て解説!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

どうも、こんにちは。
若手整形外科医のよせやんです。

大学院生の研究生活は始まってみると意外に面白いものです。新生活の事務的な手続きもほぼ完了したし、あとはバイトを頑張りながら、どんどん研究をやっていくだけですね。

今日は意外に人気の解剖学シリーズです。

この記事では、下腿後方深層の屈筋群の1つの筋である後脛骨筋についてまとめます。

解剖学はしっかりと勉強してみると非常におもしろいので、ぜひ勉強してみてください。

はじめに

運動器診療を行うにあたり、解剖学は切っても切り離すことができません。 

解剖学の知識があって損することは絶対にないでしょう。

医学生時代には、解剖学の講義もあったし、解剖学実習もありました。しかし、非常に残念なことながら、医学部2年生のときにやってその内容についてはほぼ頭に残っていないといっても過言ではありません。

解剖学の必要性を感じるようになったのは医者になってからです。特に整形外科医として患者さんを診察・手術するうえで、解剖学の知識があることは大前提でなくてはなりません。解剖がわかってないと診察の幅も狭まってしまうし、手術なんて怖くてできません。

僕自身の復習と勉強を兼ねて、1から解剖を勉強し直すつもりです。それをみなさんにも還元できるように記事にしていきたいと思います。

医師のみならず、人体を相手にする仕事をしている方、スポーツ医学についてしっかりと勉強したい方は記事を参考にして解剖について勉強してみて下さい。

覚えておくべき基本事項

というわけで、今回は下腿後方浅層の屈筋群の1つである後脛骨筋についてのまとめです。
今回も、まずは覚えておかなくてはいけない基本的事項から最初に整理します。

膝窩筋の基本的事項
英語:tibialis posterior

起始:下腿骨間膜、脛骨と腓骨の隣接面

停止:舟状骨粗面、内側・中間・外側楔状骨、第2-4中足骨底

作用:

  1. 距体関節:底屈
  2. 距骨下方の関節(距踵関節+距踵舟関節):内反(回外)
  3. 縦足弓と横足弓の保持

神経支配:脛骨神経(L4-S1)

ここに書いた筋の英語名、起始と停止、作用、神経支配はどの筋についても覚えておくべきことです。

後脛骨筋

後脛骨筋は、英語では「tibialis posterior」と書き、「ティビアリス ポスティアリア」と読みます。

tibialisという単語は、ラテン語のtibia「すねの骨、脛骨」に由来しています。

ちなみにtibiaには「笛」という意味もあります。これは、古代には様々な動物や鳥の脛骨から笛が作られたからです。

後脛骨筋は骨間膜の広い領域から起こります。

狭い辺縁部は腓骨と脛骨の近位部に起こり、浅い線維束は浅深の屈筋間にある結合組織から起こります。

後脛骨筋の腱は内果上方で長趾屈筋の腱の下を横切り(下腿腱交叉)、その主束は舟状骨粗面につき、その外側束は多くの場合にはすべての遠位足根骨(内側・中間・外側楔状骨)と第2-4中足骨底の足底面につきます。

内果溝で後脛骨筋の腱は腱鞘に包まれ、内果下方では屈筋支帯におおわれています。

この筋の収縮により距腿関節における底屈距骨下関節および横足根関節による足の内反が得られます。

この筋は内層の縦足弓を維持するうえにも重要で、この筋の収縮が足底で数個の骨を互いに引き寄せるうえで役立つことも知っておくといいでしょう。

ですので、後脛骨筋が機能不全に陥ると、筋性の足部アーチ保持機能が失われることにより、徐々に靭帯が弛緩するため、成人期扁平足の病態の中心として注目されています。

では、下の下腿骨の解剖図を見て、まず膝窩筋の起始部である下腿骨間膜、脛骨と腓骨の隣接面、そして後脛骨筋の走行を確認しましょう。


図2:膝窩筋の解剖図 起始部
船戸和弥のホームページ(相互リンク)より引用

そして、次に停止部となる舟状骨粗面、内側・外側楔状骨、第2-4中足骨底の位置を確認してください。

図:膝窩筋の解剖図 停止部
船戸和弥のホームページ(相互リンク)より引用

そして、最後に大切なのが神経支配ですね。

後脛骨筋の支配神経は脛骨神経(L5-S2)です。

深屈筋群への脛骨神経の筋枝の中で、後脛骨筋への枝はほかの枝よりもずっと近位、ヒラメ筋腱弓のレベルで出ています。

脛骨神経が支配している筋は、主に大腿と下腿の後方の筋と覚えましょう。 

具体的には、大内転筋(浅部)、大腿二頭筋長頭(短頭は総腓骨神経)、半腱様筋半膜様筋腓腹筋ヒラメ筋足底筋膝窩筋、後脛骨筋です。

解剖学のおすすめ教科書

最後に、運動器診療を行う方が解剖学を勉強するためのおすすめ教科書を紹介します。

プロメテウスでは、解剖学のかなりコアなところまで勉強することができます。また、表紙にもありますが、本当に綺麗なイラストが特徴です。

医師として解剖学アトラスを購入するのであれば、プロメテウスが1番おすすめです。 

僕もこれは整形外科医になってから購入しました。看護師、理学療法士、作業療法士などのコメディカルの先生方を含め、この本を購入して後悔している人には出会ったことがありません。

その他の解剖学の教科書についてはこちらの記事を参照してください。

おわりに

以上、今回は下腿後方深層の屈筋群の1つの筋である後脛骨筋について勉強しました。

解剖学もしっかりと勉強してみると何事もおもしろいですよね。

今後も筋肉や骨、神経について1つずつまとめていく予定です。

自分と一緒に1つずつ勉強していきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
サッカーを愛する若手整形外科医です。 夢はサッカー日本代表チームドクターになること! 仕事でも趣味でもスポーツに関わって生きていきたい! 自分の日々の勉強のため、また同じ夢を志す方やスポーツを愛する方の参考になればと思い、スポーツ医学、整形外科、資産形成などについてブログを書いています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Copyright© 目指せスポーツドクター , 2018 All Rights Reserved.